【実際どうなの?】CMで話題の格安SIM『メリット・デメリット』

プチテク

“ぼく”

携帯料金って高くて損している気がする・・・

今や携帯電話を持っていない人はいないというほど普及が進んでいると思います。

しかし、1ヶ月の携帯代って地味に高くないですか

ここを節約できたら浮いたお金を違うことに使えそうですよね。

今回は「CMで話題の格安SIMについて」お話をしていきます。

格安SIMについて

格安SIM

格安SIMとは、大手キャリア(auやdocomo、softbankなど)よりも低価格で提供している新しい通信サービスのことをいいます。

どうして安いのか仕組みがよく分からず、しかも安いので乗り換えるのに少し不安を感じました

なので格安SIMの仕組みからメリットやデメリットについて、まとめてみました。

格安SIMのメリット・デメリット
  1. 格安SIMの仕組み
  2. メリット
  3. デメリット

1つずつ詳しくみていきましょう。

①格安SIMの仕組み

“ぼく”

どうして月々の携帯料金が安くなるの・・・?

簡単に説明をすると、大手キャリア(auやdocomo、softbank)は自前のサービスや基地局を持っているのでコストがかかることになります。

格安SIMを提供している事業者は「MVNO」というのですが、サービスや基地局を持っていないのと大手キャリアから通信設備だけを借りているのでコストを抑えられます。

結果、格安SIMは料金が安くなるのです。

ちなみにSIMとは

電話機として使用できる情報を持っているICカードのこと

②メリット

まず、1ヶ月の携帯料金が安くなります

どのくらい安くなるのかは契約する内容によって変わってきますが、5000円ほど安くなることもあります。

またプランが豊富なので、自分に合ったプランを選ぶことができます

Wi-Fiがあるから通信料はそんなにいらないという方や電話はあまりしないという方にはそれぞれ違ったプランが選択できます。

他のメリット
  • 最低契約する年数が短いので簡単に乗り換えができる
  • 電話番号をそのまま引き継ぐことができる
  • データ量を細かく調整できる

“マニーハッくん”

約1万円だった携帯代が5000円になると、年間で約6万円も節約できるよ!

③デメリット

これだけメリットがあると格安SIMに乗り換えたくなりますが、やはりデメリットもあります。

通信回線は大手キャリアに比べて不安定です

全く使えないということではないので普段の生活には支障はなさそうですが、気になる人は気になると思います。

またサポートが不十分で、店舗でのケアや大手キャリア独自のサービスを受けることができません。

注意すべきこと
  • キャリアのメールアドレスも使えなくなるので別のメールアドレスを準備する必要がある
  • クレジットカードを持っていない人は選択できるプランが少ないのでクレジットカードを事前に準備する必要がある

格安SIMを選択肢の1つに入れてみよう

“ぼく”

安いのには理由があって、怖くなさそう!

どうして安いのか分かったので、地味に高い携帯料金を節約しようと思います。

悩んでいる人や気になっている人は乗り換えがすぐできるので考えてみてください。