【お金持ちへの第一歩?】簿記を取得するメリット

“マニーハッくん”

とりあえず簿記くらい取っといたほうがいいよ

こんな話をどこかで聞いたことありませんか?

「簿記の勉強をしてみようかな?」とお考えの方も多いと思います。

 

ただその一方で、

「本当に意味があるのかな?」

「努力が無駄になるんじゃないか…?」

と不安を感じる方も多いのではないしょうか?

 

そこで、この記事ではそんな疑問をお持ちの方に向けて、簿記を取得するメリットをお伝えします。

 

簿記とは?

そもそも、簿記とはどういったものなのでしょうか?

簿記とは、企業の経済活動を決まったルールに則って記録することです。

 

簡単に言うと、家計簿の企業版というイメージです。

 

家計簿と違うのは、決められたルールがあるということです。

個人の場合は、自分のやりやすいように記録をつけて、自分さえわかるようになっていれば問題ありませんよね。

 

ただ、企業の場合は、誰が見てもわかるように客観的に経営の状態を正しく伝える必要があります。

一定のルールがなければ、投資家、求職者など企業の利害関係者が正しい判断を行えません。

 

企業が存在する限り、簿記の存在は欠かせません。

需要がなくなることはない資格なのです!

 

では、簿記を取得するとどういったメリットが有るのでしょうか?

 

簿記を取得するメリット

ここでは、3つ紹介します。

ポイント
  • 投資に活かせる
  • 家計管理にも好影響
  • 起業・副業に役立つ

 

投資に活かせる

簿記が理解できていると、財務諸表が読めるようになります。

財務諸表が読めるということは、企業の財務状況、経営の状態が理解できるということです。

 

株式投資するには、企業の経営状況を理解する必要があります。

簿記を学ぶことで、どの企業に投資するか、判断がしやすくなるのです。

 

投資は、お金持ちになるために有益な手段の一つです。

 

投資は知識が必要になりますので、初心者の方は積立NISAから始めるのがおすすめです。

積立NISAについては、以下記事を参考にしてください。

【ローリスク?】積立NISAは「安定した資産運用」になるの?【初心者向け】

 

 

家計管理にも好影響

簿記は、家計簿の企業版です。

お金管理の本質は、企業でも個人でも変わりません。

 

企業に大切なのは、無駄な費用を減らし、売上を増加させ、資産を増やすこと。

家計においても同様に、いかにして支出をカットし、収入を増やすかが重要です。

 

簿記の知識があれば、家計管理にも応用可能です。

学習を進めていくことで、

 

・お金の流れ

・資産管理

・支出品目の切り分け

 

など、自然と家計管理に必要な知識が身につきます。

 

まさに一石二鳥の資格ではないでしょうか?

 

起業・副業に役立つ

企業が存在する限り、簿記は欠かせないと述べました。

ということは、自身で起業する際にも、簿記の知識は必要になるということです。

 

起業までは考えていないという方も多いかと思いますが、副業においても簿記の知識は重要です。

副業の場合、規模が大きくないかもしれません。

 

しかし、どんなに小さくてもビジネスであることには変わりなく、お金の管理は必要になるのです。

副業についても、いくつか関連記事がありますので、参考にしてみください!

【本業だけじゃ不安?】今だからこそ副業をはじめよう

 

副業の種類を知りたい方は、こちらもオススメです!

【収入を増やす】副業の種類って色々ある話

 

まとめ

簿記を取得するメリットを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ご紹介してきたように、簿記には多くのメリットがあります。

簿記は、取得しておいて損はない資格です。

 

興味がある方は、ぜひ勉強してみてください!