【誰でもわかる!】自動車保険の自賠責保険ついて簡潔に説明

新年度で車を購入した人は多いのではないでしょうか。

自分の車でドライブするのはとても楽しいですよね

楽しいドライブを安心してするためには、自動車保険が必須です。

“ぼく”

自動車保険に入りたいけど、どうゆうものがあるのかな?

自動車購入時になんとなく加入したと思う自動車保険。

この記事では、自動車保険の基本となる自賠責保険ついて紹介していきます。

“マニーハッくん”

難しい自動車保険をわかりやすく説明していくよ!

 

自動車保険は2種類ある

自動車保険には、強制的に加入する「自賠責保険」と任意的に加入する「任意保険」があります。

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法という法律によって「すべての車の所有者に加入が義務づけられている損害保険」です。

任意保険とは、強制の自賠責保険とは異なり、自分の意志で加入するかどうかを決めることができる保険となっています。

ただ、自賠責保険だけでは万が一の事故の際に補償が足りないケースが多いため、任意保険への加入が推奨されています

 

自動車保険には2種類ある
  1. 自賠責保険・・・自動車保有者は必ず加入する保険
  2. 任意保険・・・加入するかどうかを自分の意志で決めることができる保険

 

①自賠責保険の補償

自賠責保険は加入していなければ、車検が通りません。

なので、無意識に加入していることが多いです。

自賠責保険が切れた状態で一般道を走行すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となるだけでなく、違反点数6点が付加されるため免許停止処分となります。

 

また、期限切れになっていなくても自賠責保険証明書を携帯せずに運転した場合、30万円以下の罰金となります。

なので、自賠責保険証明書は車の中に保管しておくのがいいですね。

 

自賠責保険は取扱う保険会社や代理店によって保険料の変化はありません

通常は車検時に車検を行ってくれた自動車整備会社や自動車販売店などを窓口として加入するのが一般的です。

自賠責保険で補償されるのは対人のみとなっていて、物損事故に対しては補償はゼロとなっています。

自賠責保険で補償される金額は次のようになります。

  • 傷害・・・最大120万円
  • 死亡時・・・最大3000万円
  • 後遺障害時・・・最大4000万円

 

自賠責保険でも高額の補償がされると思った方もいるかもしれません。

しかし、これでは全然足りません。

自動車事故での賠償金は数億円など一般人では払えないぐらいの金額が裁判で決まります。

なので、足りない分を賄えるように任意保険の加入を推奨されています

 

②自賠責保険で補償される範囲

自賠責保険で補償される人はすべて「運転手、運行併用者以外」となります。

運行併用者とは、主に車の名義人のことを指します。

少しわかりづらいですね。

ここで2つのケースを見てましょう。

ケース①

車両名義人がAさんの車をAさんが運転していて、友人Bさんが搭乗していて事故を起こした場合、

Aさんは補償を受けれず、Bさんは補償が受けれます。

 

ケース②

車両名義人がAさんの車を友人Bさんが運転していて、Aさんが搭乗していて事故を起こした場合、

AさんとBさんとちらも補償を受けることができません。

 

事故を起こせば、自分のケガ、車などの財産は補償されないうえに、責任だけはしっかり背負わなければいけません

 

③自賠責保険の保険料

自賠責保険の保険料は次のようになっています。(2020年4月14日)

自賠責保険の保険料(24か月契約)
  1. 自家用乗用車(普通車)・・・21550円
  2. 軽自動車・・・21140円

 

この保険料は定期的に値上げ、値下げを行っています。

交通事故発生と保険金支払額の状況を踏まえて金額を算出するため、

全国のドライバー全員が安全運転をして事故を起こさなければ、自賠責保険の保険料がどんどん値下げされることになるでしょう。

 

<まとめ>自賠責保険だけでは安心できない

色々と補償はされますが、補償額が少なかったり、範囲も狭いのが自賠責保険となります。

自賠責保険だけでは、もし事故を起こしてしまったとき残りの人生が真っ暗になってしまいます。

そうならないために、自分にあった任意保険に加入する必要があります。

“マニーハッくん”

自動車保険をしっかり学び、加入して、安心してドライブ生活を楽しもう!