【育児休業給付金】申請方法は?夫ももらえる?雇用保険からの給付金を詳しく教えます!

育児休業給付金 詳しく

“ぼく”

就労時間が少なくて健康保険に入っていないと、出産や育児で休む時は何も支援されないのかな?

“マニーハッくん”

実は、雇用保険には失業保険だけじゃなくて育児のために休んだ時に給付金がもらえる制度があるよ!

“ぼく”

そうなんだ!失業した時以外にも雇用保険からお金がもらえることがあるんだね!

“マニーハッくん”

妻だけじゃなく、夫でももらうことができる制度だよ!

 

健康保険と雇用保険に加入している場合、条件を満たせば出産・育児休業のさいに3つの給付金が受け取れます。

  1. 出産手当金(健康保険)
  2. 出産育児一時金(健康保険)
  3. 育児休業給付金(雇用保険)

①と②の給付金は健康保険から支給されるものです。

また、②の出産育児一時金は、自分が健康保険に加入していなくても夫が健康保険に加入していて、その被扶養者であれば夫の健康保険から支給されますよ。

 

③の育児休業給付金は、健康保険に加入していなくても雇用保険に加入していて所定の条件を満たせば、受け取ることができます。

雇用保険にしか加入していないよ~という方でも、育児休業給付金はもらえる可能性がありますよ!

また、育児休業給付金は妻同様に条件を満たせば、夫でも受給することができる給付金です。

育児休業を取得するよという方はぜひチェックしてくださいね!

 

今回は③の育児休業給付金について詳しく見ていきましょう。

 

育児休業給付金の条件を詳しく知りたい!夫はいつからもらえる?

育児休業給付金 詳しく

さて、気になる育児休業給付金をもらうための条件ですが、以下のとおりです。

  1. 育児休業を開始した日以前の2年間で、雇用保険に加入していた期間が12か月以上あること
  2. 有期雇用の場合は、同じ事業主のもとで1年以上雇用が継続していて、子どもが1歳6か月までの間に退職が確定していないこと

基本的に条件はこれだけです!

そして、育児休業給付金はでも受給することができます

もちろん女性同様、上記の条件を満たす必要があります。

 

育児休業給付金の支給開始日は、

  • 産前休業から続けて育児休業を取得した女性:出産日から起算して58日目
  • 育児休業を取得する夫:妻の出産当日から対象(育児休業が開始した日)

となっています。

 

また、支給が終了する日は、

原則は、養育している子の1歳になった日の前日(1歳の誕生日の前々日※)まで。

1歳になる前に職場復帰した場合は、復帰の前日まで。

一定の要件を満たした場合は、1歳6か月または2歳となった日の前日(※)まで。

※民法では、誕生日の前日をもって満年齢に達したとされるためです。

育児休業給付金の申請はどうすればいい?いくらもらえるの?

育児休業給付金 詳しく

基本的には事業主を経由して手続きをすることになるため、被保険者が手続きをする必要はありません。

ただし希望する場合には、被保険者本人が手続きをすることもできるようです。

 

育児休業給付金は、2か月に1度ハローワークに申請をします。

初回の申請時には育児休業を開始した時点での賃金月額の証明書の提出などが必要になるので、特別な事情がなければ事業主経由で申請してもらうのが良いでしょう。

 

育児休業給付金で支給される1か月あたりの金額は、育休前半年間の給料1か月分のおよそ2/3ほどになります。

具体的な計算式は以下のようになります。

(育休前6か月間の給料総支給額÷180日)×支給日数(30日)×67%(ただし、育児休業の開始から6か月経過後は50%)

休業を開始する前の半年間の給料の平均が約15万円だった場合、給付金で支給される金額は1か月約10万円となります。

育児休業開始から6か月経過すると、1か月約7万5千円となります。

 

 

育児休業給付金の対象かどうか確認を!

育児休業給付金 詳しく

育児休業給付金は雇用保険からの支給であること、ご存知でしたか?

 

出産・育児は意外とお金がかかりますよね。

健康保険に入っていないから休業すると収入がゼロになってしまうと決めつけず、育児休業給付金が支給対象になっていないか確認しましょう。

 

【失業保険】いつからもらえるの?手続きが遅くなると支給開始日も遅れるから注意!