【最強のカード】デビットカードって何?還元率は?

デビットカード 最強 換言 メリット デメリット

“ぼく”

買い物したいけど手持ちの現金がない・・・。でもクレジットカードは使いたくないなぁ・・・

 

“マニーハッくん”

そんな時はデビットカード!!

 

今回は「最強のカード」の呼び声も高い、デビットカードについてご紹介していきます!

 

デビットカードとは??

デビットカード 最強 換言 メリット デメリット

デビットカードとは決済時に自動的に銀行口座から引き落としがかかるというカードです!

 

つまりお金を持っていくなくてもそのカードでお買い物ができてしまうということです。

 

デビットカードの種類

デビットカードは大きく2つの種類があります。

 

Jデビット

2000年に日本で始めて誕生したデビットカードです。

これは日本独自のもので利用できる場所が少なく、利用者数も少ないカードです。

 

ブランドデビット

クレジットカードでおなじみの国際ブランドの「VISA」や「JCB」などと連携しているデビットカードです。

2006年に登場したカードで一般的にデビットカードというとこちらになります。

このカードはJデビットと比較すると利用できる場所がかなり多く、利用者数も多いです。

 

 

 

デビットカードの概要

購入時にデビットカード決済後すぐに引き落とされ、1回払いのみとなります。

 

限度額はクレジットカードと違い自分の持っている金額(預金口座の金額)以上は決済できない仕組みなっています。

つまり使いすぎはできないということですね

 

また満15歳以上(中学生以外)であれば作ることができます。

 

このカードを発行できるのは三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行などの銀行や楽天銀行・ソニー銀行などのネット銀行でも作ることができます。

 

簡単に発行でき、お手軽に使えるのがこのカードの魅力です!

 

方法:即時払い(支払いごとに口座からすぐ引落)
支払回数:1回払い(分割払いやリボ払いはできない) 
限度額:預金口座の残高の金額以内(デビット利用限度額の範囲内)
申込条件:預金口座を持っている満15歳以上(中学生除く)
発行場所:銀行などの金融機関(ネット銀行も可能)

 

デビットカードのメリット・デメリット

デビットカード 最強 換言 メリット デメリット

“ぼく”

結局このカードの何が良くて、何が悪いの??

“マニーハッくん”

メリットとデメリットを紹介するね!

メリット

使いすぎを防げる

クレジットカードでよくおこる「使いすぎ」「浪費」を防ぐことができます。

デビットカードは最高でもあくまで自分が持っている金額以上の買い物はできず、すぐに引き落としがかかります。

そのため管理しやすくなっているのです。

 

作りやすい

デビットカードは15歳以上の人であれば誰でも作ることができ、借入などの審査がありません。

また即日で発行することができます。

クレジットカードと比べるとかなり手軽に発行することができます

 

海外での両替の手間が省ける

海外でも使用することができるので海外にいくときの両替をする必要がありません。(所定の手数料がかかります)

 

日本だけでなく、海外でもすでに良く使われているカードですね。

 

 

デメリット

口座の金額に注意

口座の金額以上使えないのはメリットでもあり、デメリットです。

タイミング的に口座にお金がないときや口座を複数持っている際は決済ができなくなってしまう可能性があるので注意です。

 

サービスの付帯ができない

クレジットカードである空港ラウンジ利用や家族カード、ETCなどもつけることができません。

サービス面においてデビットカードでできることは少ないです。

 

還元率が低い

クレジットカードと比較すると還元率が低いです。

クレジットカードの還元率は低くても「0.5%」以上はありますが、デビットカードは平均で「0.2%」程度です。

もちろんサービスによって様々ですが、高還元率の物は少なくなります。

 

 

まとめ

ポイント
  1. デビットカードで買い物をすると口座から即時引き落とし!
  2. デビットカードは作りやすく、海外でも使える!
  3. 使いすぎは防げるがサービス面ではクレジットカードには劣る!

 

いかがでしたか?

賢く使えばかなり便利なカードだと思います!

この機会に皆さんも1枚作ってみてはどうでしょうか!

 

【不正利用のリスク】クレジットカードを悪用されるのがこわいけど大丈夫なの?

【上乗せキャンペーン】マイナポイントはd払いに決まり!