【給料を守ろう!】税金を知ってしっかり節税しよう!

サラリーマン 税金 節税 給与

“ぼく”

毎月給料から税金たくさんひかれるなー

 

“マニーハッくん”

税金を払いたくなければ節税するしかないよ!

 

“ぼく”

でも節税っていうけど、税金のことは難しい・・・

 

節税に興味あるけど、税金のことは難しくて手が出せないって人は多いのではないかと思います。

しかし、難しいからこそ知っておくべき知識だと思います。

毎月給料から引かれている税金を理解するのは節税の第一歩になります。

 

この記事では、給料から無意識に払っている所得税と住民税についてまとめてみました。

給料から所得税を知ろう

サラリーマン 税金 節税

まずは、所得税から説明していきます。

 

所得税

毎年1月1日から12月31日までの1年間の所得に対して課せられる税金です。

 

サラリーマンは、会社が給料から所得税を天引きすることで代わりに納付(源泉徴収)してくれてます。

 

そして、会社はざっくりとした金額を毎月の給料から天引きして納付しています。

その際に起こる金額のずれが年末調整で還付として戻ってきたり、追加で納付にすることになります。

 

後で還付があったり、追加納付があるので、所得税は先払いということになりますね。

 

そもそも、所得とはなんでしょうか。

所得とは、次に定義されています。

給与ー控除=課税所得

 

給与

サラリーマンが毎月貰う給与です。世間一般には総支給金額と言いますね。

ちなみに、この1年間の総支給金額の合計が年収となります。

額面の金額から税金などを引いた金額が、実際に手元に貰える金額(手取り)となります。

 

総支給金額ー各種税金=手取り金額

 

控除

控除という単語を知っていますか?

控除は、「ある金額から一定の金額を差し引くこと」を指します。

 

節税をするならこの控除を増やすことを考える必要があります

控除を増やす代表的なものを紹介します。

  • 扶養控除・・・収入が少ない扶養家族がいる
  • 配偶者控除・・・収入が少ない配偶者がいる
  • 生命保険控除・・・生命保険料を支払っている
  • 医療費控除・・・一定額を超えた医療費を支払っている
  • 寄付金控除(ふるさと納税)・・・一定の所へ寄付している

 

扶養控除、配偶者控除、生命保険控除は年末調整の時に資料を提出すれば会社が行ってくれます。

しかし、医療費控除や寄付金控除は自分で確定申告を行わないといけませ

医療費控除や寄付金控除を考えている人は注意しておきましょう。

 

課税所得

最後に、課税所得です。

この課税所得に税率が掛けられることによって、所得税が決まります。

 

日本では、累進課税制度を行っています。

 

累進課税制度

収入の多い人や遺産の多い人ほど、より高い割合の所得税や相続税が課されるしくみのことです。

 

収入による税率は次のようになります。

所得税の速算表
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

国税庁のHPより抜粋

 

このように、収入が多い人ほど、多くの税金を支払うことになります

 

支払う税金を少しでも減らすためには、節税をするしかありません

節税について知りたい方はこちらをご確認ください。

 

住民税も節税で減らすことができる?

税金 控除 還付

次に、住民税について説明していきます。

住民税

一般的には、市町村民税と道府県民税をまとめて住民税と呼んでいます。

 

住民税の計算も上記に出てきた課税所得を用います。

住民税の計算方法は次の通りです。

課税所得×10%=住民税

なんと、住民税の税率は一律10%となっています。

住民税も節税することで減らすことができます

 

所得税は先払い制でしたが、住民税は後払い制となっています。

前年の年収から住民税が計算されて支払うことになります。

 

社会人1年目の時、住民税が引かれていなかったと思います。

そして、2年目で住民税が引かれ始めてから、手取り金額が減って驚いた人は多いのではないでしょうか。

 

<まとめ>税金を理解して正しく節税しよう

税金のこと理解できたでしょうか。

税金の計算方法は難しく、なかなか理解できないと思います。

 

しかし、難しいからと理解せずにいると無駄な支出が増えます。

少しでも理解することで視野が広がり、節税に繋げることで少しでも裕福な生活ができると思います。

 

“ぼく”

税金について理解できた!節税するぞー!!

 

“マニーハッくん”

サラリーマンだと無意識に払っている税金。しっかり理解してお金の流出を防ごう!!