【投資初心者向け】ETFとは何のこと?仕組みをわかりやすく解説!

ETFとは何のこと?

“ぼく”

投資の勉強をしているとよくETFという言葉を見かけるんだけど、いったい何のことだろう?

投資関係のニュースや本で、「ETF」という商品を目にすることがありませんか?

これはExchange Traded Fund の略で上場している投資信託のことなんですが、特に投資初心者はその意味を理解していないことが多いです。

 

そこで、この記事では投資初心者の方に向けてETFについてわかりやすく解説します。

運用方法や特徴まで、ETFの魅力をお伝えできる記事となっています。

“マニーハッくん”

よく聞くけどイマイチ意味がわかってなかった、なんていう方はぜひ最後まで読んでみてね!

ETFとは上場投資信託のこと

ETFとは何のこと?

冒頭でも少し触れましたがETFとはExchange Traded Fund の略で、上場している投資信託のことを指します。

ETFはExchange Traded Fund の略

上場している投資信託のこと

 

でも言葉で言うのは簡単ですが、そうなると普通の投資信託との違いは何?ってなりますよね。

ここでは次の2点について説明していきますね。

・普通の投資信託との違い

・ETFの特徴と運用の仕組み

投資信託との違いとは

投資信託との大きな違いは、上場している商品なので市場価格の変動があること。

一般の投資信託は非上場の商品を取り扱っています。

ETFはどこの証券会社でも購入が可能で、売買価格もリアルタイムの市場価格となり株式と似通ったところがあります。

ちなみに、投資信託の取引価格は商品ごとに算出される基準価格です。また、どこの証券会社でも取り扱いがあるとは限りません。

ETFの特徴と運用の仕組み

ETFの特徴は、運用方法がインデックス運用であることと信託報酬が投資信託より安いこと。

インデックス運用は市場平均を狙う運用方法で、TOPIXや日経平均に連動した値動きをするので初心者にもわかりやすいです。

また、信託報酬が投資信託より低めに設定されており運用コストを下げることができます。

「ETF」は市場の仕組みを利用した商品

ETFとは何のこと?

先ほど「インデックス運用」という運用方法を記載しましたが、投資信託の運用方法には次の2種類があります。

・インデックス型

・アクティブ型

 

参考:セゾン投信

これらは字を見ての通り、それぞれ運用方法がインデックス型とアクティブ型にわかれています。

まずETFの運用方法はインデックス型です。

一方で、株式投資はアクティブ運用になります。

インデックス投資については次の記事が参考になるのでぜひ合わせてご覧ください!

インデックス投資 初心者 おすすめ初心者でもプロ並みのリターン!インデックス投資とは!?おすすめ理由と失敗しないためのコツ

株式と共通する点が多いETFは、運用方法がインデックス型でありながらアクティブ運用の要素もあわせ持っているめずらしい商品なんです。

とはいうものの、ETFには次のようなマイナス点もあります。

ETFのデメリット

ETFには売買単位があるので、インデックスファンドのように数百円から投資をすることができずそれなりの初期費用が必要

よく内容を確認して、自分の予算に合う商品から投資をしてみましょう。

“ぼく”

でもETFって知識が増えて、なんだか楽しそうだね!

まとめ:ETFは投資初心者に向いている!

今回は、「ETFとは何のことか、投資初心者に向けてわかりやすく解説する」というテーマでお伝えしてきました。

自分で銘柄を選べる株式投資は楽しいですが、初心者のうちはなかなか利益を出すことは難しいものです。
投資を始めたばかりであれば、インデックス運用をしながら投資経験を積みつつ株式投資の世界に足を踏み入れるのがおすすめです。

“マニーハッくん”

ETFなら株式投資と同じくリアルタイムのマーケットも勉強できちゃうよ!

 

【資産運用】投資初心者におすすめ!投資信託って何?複利効果で資産を増やそう!

投資信託の運用会社が倒産したらどうなるの?私たちの資産は保証される?