【個性が出る!】フリーランスの働き方

“ぼく”

フリーランスって自由に働けて楽しそうだなあ

サラリーマン生活が大変ですよね。

ネットを見ているとフリーランスで自由に働いている人が多く見られます。

それを見て、サラリーマンを辞めてフリーランスになった方は多いのではないでしょうか。

また、将来フリーランスになりたいという人も増えてきていると思います。

この記事では、フリーランスで働くことのメリットとデメリットについてまとめてみました。

フリーランスのメリット

フリーランスで働く最大のメリットは自由にあります。

何もかも自分のしたいように働くことができるので、ストレスが少なくなります。

特に次の3点の自由があります。

フリーランスのメリット
  1. 働く時間・場所
  2. 一緒に働く人
  3. 仕事内容

サラリーマンでは、これらによって束縛されてストレスがたまります。

フリーランスでは、この束縛から解消されます

 

①働く時間・場所

サラリーマンだと毎日決まった時間に決まった会社に行かなければいけません

 

しかし、フリーランスだと起きる時間も働く時間も働く場所も自分で決めることができます。

 

自分でスケジュールを組んで仕事が行えるのでストレスなく仕事ができますね。

 

また、仕事内容によるのですが、フリーランスのお仕事はパソコン1つあればできることが多いです。

 

パソコンを持ち運びできればどこでも仕事をすることができます。

 

おしゃれなカフェでコーヒーを飲みながら仕事するのもかっこいいですし、おしゃれですね

 

②一緒に働く人

仕事は一人ではできません。

必ず誰かとコミュニケーションを取らなければなりません。

サラリーマンだと嫌いな人がいても、一緒に仕事しなければいけません

 

人間関係に問題がある場合、大きなストレスが溜まり、これが原因で鬱などの病気になる可能性があります。

 

フリーランスだと、苦手な人や嫌いな人とは一緒に仕事しないと割り切ることができます

 

人間関係がこじれて嫌々仕事するより、良好な人間関係で仕事した方が、ストレスがなくなります。

 

ストレスが溜まらないと健康的に生活することができ、仕事もはかどります。

まさに、一石二鳥ですね。

 

③仕事内容

自分な得意なことや特技などで仕事を選ぶことができます。

例えば、動画編集やWEBライター、デザイナー、ITエンジニアなどたくさん仕事はあります。

 

自分のスキルを高めれば、高収入も夢ではありません

 

たくさんの案件を獲得し、実績を作り、仕事単価を上昇させることができるので、やればやるだけ収入が増えます。

 

サラリーマンだと年に一回の昇給や昇進でしか収入アップは望めないため、フリーランスの方がやる気がでますね。

フリーランスのデメリット

自由な働き方のフリーランスですが、もちろんデメリットがあります。

それは不安定なことです。

それは次の2点になります。

フリーランスのデメリット
  1. 安定した収入がない
  2. 契約の打ち切り

これらについて、解説してきます。

 

①安定した収入がない

フリーランスは仕事をした分だけ収入が得られます。

健康な時だと、たくさん案件をこなすことができるので収入が得られます。

しかし、ケガをしたり病気になると仕事ができなくなります。

そうなれば、収入が得られなくなります

また、フリーランスになって始めは実績がないため、低価格の案件しか仕事が無いと思われます。

 

仕事をたくさんしても、少ししか収入が得られないとやる気がでませんよね

MEMO

現在サラリーマンで将来フリーランスを考えている方は、最初副業として仕事をやってみるのをオススメします。

 

副業で実績を作ることで会社を辞めてもある程度の収入が期待できます。

 

②契約の打ち切り

基本的にクライアントと契約をして仕事をして収入を得ることになります。

 

クライアントとの関係が悪くなったり、クライアントの事情で急に契約を打ち切りになる可能性があります。

 

もし、仕事を一つのクライアントに頼っていれば、その時点で仕事なくなります

 

そうならないために、普段から複数のクライアントから仕事を受注する必要があります。

<まとめ>フリーランスは自由だが安定性は低い

フリーランスは安定性が低いけれど自分のやりたいように仕事ができます。

 

時間も自由に使うことができるので、収入が安定すれば、趣味の時間も増やすことができます。

 

そうなれば、人生の満足度もあがるので楽しい生活ができますね。

 

“マニーハッくん”

フリーランスの働き方の特徴を知り、自由な生活を手に入れよう!!