【おすすめ案件受注方法!】フリーランスライターの年収相場は?

フリーランス ライター 年収相場

“ぼく”

フリーライターとし活躍したいな〜!年収や案件の受注の仕方を知りたいよ〜!

“マニーハッくん”

最近フリーライターになる人が増えてきているね!

未経験だけどフリーランスとして独立したいと考えていませんか?

今回はフリーランスのライターの年収相場やおすすめ案件受注方法を紹介します!

【未経験でもOK!】フリーランスのライターになるには?

フリーランス ライター

(1)出版社・編集プロダクションなど会社員から独立する

出版社や編集などの会社員を経て、経験を積んだ後にフリーライターになる方法があります。

社員として勤務することで、安定した収入を得ながら必要なスキルを学ぶことができます!

(2)ライター講座・スクールに通う

講座やスクールで技術を学んだ後、フリーライターとして独立する方法があります。

費用はかかりますが、必要なスキルを効率的に学ぶことができるため、

独立に向けてじっくりと準備ができます!

(3)クラウドソーシングサイトで未経験でもOKの仕事に挑戦する

「クラウドソーシング」サイトを利用し、未経験可の案件から経験を積んでいく方法があります。

未経験OKの案件は、スキルや経験がなくても実績を積むことができます。

また、知名度が上がり良い記事を書くことができれば単価アップになる可能性も!

【フリーランスライター】年収相場はどれくらい?

フリーランス ライター 年収相場

気になるのはフリーランスのライターの年収や収入の相場ですよね!

年収200万円未満が最も多く、次いで200~400万円が多いと言われています。

単価は、1記事あたり2,000~3,000字程度、1文字1円〜が相場であり、

1記事の相場は約2,000~3,000円と言われています。

また、ライティングの専門分野があり、年収1,000万円以上稼ぐフリーランスのライターもいます。

【未経験おすすめ】フリーライターとして案件を獲得する方法は?

フリーランス ライター 案件

未経験からフリーライターとして活躍したい人向けの、

案件獲得のために活用できる方法を4つご紹介します!

(1)クラウドソーシングサイトを活用する

ランサーズやクラウドワークスを始め、いろんなクラウドソーシングサービスがあります。

ほとんどのクラウドソーシングサービスが登録が無料なので、

未経験者可の案件もあるため、実績を積みたいという方におすすめです。

(2)知人・同業者に仕事を紹介してもらう

フリーランスが案件を獲得する経路の第1位は人脈(知人の紹介を含む)と言われています。

案件を得るために、同業者とのつながりを広げることが有効でしょう。

(3)SNSの情報発信で仕事につなげる

各種SNSで執筆記事を拡散したり、ブログやnoteの投稿を宣伝したり。

発信が仕事に繋がることも多くあります。

フォロワーが増えると宣伝効果が大きくなるため、営業の際に武器になることもあります。

ポイント
まずは、Twitter、Facebook、Instagramで自分のオリジナル記事を書いて発信してみよう!

(4)自分のサイトやポートフォリオを準備する

営業時に実績としてすぐ参照できるため、ブログを作ったり、ポートフォリオを作成したりすると便利です。

ブログなどを活用することで、自分をアピールすることができます。

【おすすめ案件受注方法!】フリーランスライターの年収相場は?まとめ

今回はフリーランスライターの年収相場やおすすめ案件受注方法をご紹介しました!

いかがでしたでしょうか?

未経験でも挑戦することができ、スキルアップすれば自分で収入を増やすこともできる職業です。

その後のキャリアパスにも繋がるため、挑戦してみてはいかがでしょうか。

【未経験OK】副業Webライター始める方法と稼げるコツ!

【在宅・リモート】フリーランス案件の探し方