【不動産投資?】一体どうやって儲かるの??

不動産 投資 メリット デメリット

不動産投資という言葉をご存じでしょうか?

これは、何らかの不動産を所有してそれを第三者に貸し出し、

家賃利益を得る投資方法の事です。

これを運用益と言います。

 

また、物件や土地を所有するので価値が上がった際に

不動産自体を売却して利益を得る事も出来ます。

これを売却益と言います。

 

不動産投資は主にこの2つの柱が軸となります。

 

“ぼく”

でも不動産ってとても大きな買い物だよね。

そんな資金も無いから出来ない。。

 

そう思っている方は多いのでは無いでしょうか?

もちろん全て自己資金で完結でもいいのですが、

不動産投資でも購入時にローンを組む事が出来ます。

独自に投資信託と組む事が出来るのは不動産投資にとって強みです。

 

不動産投資とはどのようなもので、どうやって利益を生み出すのか

詳しく見ていきましょう。

 

不動産投資とは?

不動産 投資 儲かる

不動産投資の種類

 

大きく分けて2種類です。

マンション投資

不動産投資としてマンションを所有する事です。

その中でも区分マンション投資一棟投資に区分する事が出来ます。

 

区分マンション投資は一部屋毎に購入して、

住居人と長期賃貸契約を交わす事を指します。

 

現在不動産投資家の内訳を見ると50%以上が会社員となっており、

区分マンション投資がその中でも最も多い割合となっています。

 

“ぼく”

意外にも投資家は一般の会社員が一番多いんだね!

会社員でもローンを組んで投資が可能なんだ!

 

それに対して一棟投資は一棟丸ごと所有する事を指します。

それにはもちろん土地も含みます。

これにはマンション、アパート両方のパターンがあります。

 

戸建て投資

一方こちらは一戸建ての所有になります。

一戸建てを建てて賃貸をして収入を得る方法です。

部屋所有の区分マンションと違い、こちらは土地を所有します。

 

各種不動産投資のメリットとデメリット

不動産 投資 メリット

不動産投資のメリット

 

区分マンション投資のメリット

区分マンション投資は部屋単位での所有になりますので、

土地を持っていない投資家は比較的手が出しやすいです。

 

1,000万円程度の少額なものから高額なものだと1億円を超えるような物件まで

物件数が幅広いので様々な種類のマンションの中から

選択する事が可能です。

 

一棟投資のメリット

一棟投資はマンション丸ごとを所有しているので

マンションの規則やメンテナンス方法を決めたりなど

管理をしやすいのが特徴です。

 

また、一棟丸ごとなので家賃収入も複数から得ることが可能なため、

例え一部屋の住居人が変わっても収入が無くなることは無く、

安定した収入確保が可能となります。

 

一部屋の家賃×部屋数が収入になる為、

まとまった収入を得ることが可能です。

 

戸建て投資のメリット

マンションなど大きなまとまった土地がいらないので

ライバルが少ない。

土地を所有していれば上物を建てるだけですので、

(不動産としては)比較的安価に投資が可能です。

 

どの程度の上物を建てるかにもよりますが、

建物自体は1,000万円前後~建築可能なので土地所有者にとっては

選択のしやすい形式とも言えます。

 

また、土地を所有しているので資産価値を維持しやすいのも特徴です。

 

ポイント

・マンション系の投資は人気で物件数も多いので計算がしやすい。

・戸建て投資は土地があるので売却益を期待出来る。

 

“マニーハッくん”

それぞれにメリットがあるんだね!

自分にどういった形態が合っているのかを見極めることが重要だね。

 

不動産投資のデメリット

区分マンション投資のデメリット

部屋単位で所有する形態の為、住居人がいない時は

収入がゼロになるリスクがあります。

 

また、棟自体のリフォーム、修繕があった場合は

そのコントロールが出来ない点もデメリットです。

 

家賃保証制度などを利用してリスクを回避する方法もありますが、

その分リターンも低くなることが懸念されます。

 

一棟投資のデメリット

区分マンション投資に比べて管理がしやすいですが、

その分棟全体を見る必要がある為、管理も複雑になります。

最大のデメリットは棟自体を建てるため費用がかなり高額になります。

 

マンションの建築費は坪単価×延べ床面積で計算するのが一般的です。

マンション構造にもよりますが5階建てのマンション建設で

大体2~3億円ほどの費用がかかります。

 

戸建て投資のデメリット

戸建て投資はマンションなどと比べて維持管理費が高くなりがちな事

そしてマンションやアパートに比べてニーズが比較的

少ない事がデメリットとして上げられます。

 

不動産投資のまとめ

不動産投資はどれがいいかは一長一短

 

不動産投資に必勝パターンはありません。

どの投資方法にしてもメリットがあり、リスクがあります。

 

ただし総じて言えることは不動産の価値が上がる場合があり、

これをいかに見極めるかが大きなポイントとなるでしょう。

 

自分が検討している土地は今後どういった開発計画があるのか、

検討しているマンションにリフォームプランがあるのかなど

あらゆる検討が必要になってきます。

 

もし不動産投資を検討されている方は

まずは不動産投資会社に相談に行ったり、投資セミナーに通うなどして

知識を深めてから挑戦するようにしましょう!

 

【投資信託】リスクって何?リスクの種類とリターンとの関係をわかりやすく解説!

【リスクとリターン】投資を始める前に知っておくこと