【やらないと損?】ふるさと納税のやり方をご説明

ふるさと納税 節税

“ぼく”

ふるさと納税がお得って聞くけど何がお得なの?どんな制度?

“マニーハッくん”

税金の支払いがお得になる制度だよ!自分はどれくらいお得になるのか調べてみよう!

テレビやネットでよく「ふるさと納税」という言葉を聞きますが、実はやり方をよく分かってなかったり、制度を利用していない人も多いのではないでしょうか?

この記事ではふるさと納税についての基本的な説明とその申請の方法をご紹介していきます!

 

「ふるさと納税」って何?なんで節税になるの?

ふるさと納税 節税 申請

ふるさと納税とは自分が選んだ地方自治体に寄付ができる制度のこと。

寄付金のうち、2000円を超える部分には所得税の還付や住民税の控除を受けれる上に、その地方自治体から返礼品も貰えます。

つまり、実質負担2000円で好きなものが貰えてしまうのです!

 

普通に納税してもただお金が出ていくだけですが、ふるさと納税をすることで寄付した分のお金に応じて、その地方自治体の名産・特産品が手に入るお得な制度です。

返礼品のジャンルは食品から工芸品、美容品や旅行・宿泊券など様々!

 

それでは、ここからふるさと納税の申請までの流れを説明していきます!

 

ふるさと納税のやり方法を説明

ふるさと納税 節税 申請

1.自分の控除上限額を調べる

控除される金額は年収や、家族の有無によって上限が変わるので要注意!

まずは「ふるさと納税 シミュレーション」で検索して、自分の控除上限を把握しましょう。

 

2.寄付したい自治団体・返礼品を選ぶ

次に「ふるさと納税 まとめサイト」で検索して、ふるさと納税サイトを紹介しているページを開きます。

ポイント還元やギフト券還元を行なっているサイトもあるので、自分の目的にあった紹介サイトを探してみましょう。

サイトが決まれば後は自分の控除上限額と照らし合わせながら、オンラインショップ感覚で返礼品を選び、申し込みましょう。

 

“ぼく”

ネットショッピングみたいで楽しいね!

 

3.控除の手続きを行う

返礼品が届いたら、あとは控除の手続きを行いましょう!

手続きは「確定申告」「ワンストップ特例制度」の2種類があり、違いは以下の通りとなっています。

【確定申告】

返礼品と一緒に届く「寄附金受領証明書」を税務署に提出

【ワンストップ特例制度】

寄付をした自治体に、必要事項を記入した「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」と本人確認書類等を添えて提出

 

【まとめ】2000円で素敵な返礼品を貰おう

「節税」と聞くと、役所に行って難しい手続きをしたり、何かを我慢しなきゃいけないイメージがある…と思われるかもしれません。

ですが、このふるさと納税のようなオンライン上で簡単かつ、手軽に申請できる節税対策もあります。

 

ある程度の所得が必要とはなりますが、普通の社会人として働いている方には十分お得な制度なので、この機会にぜひ取り組んではいかがでしょうか?

他の節税について知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

 

【控除を使いこなす】個人でできる節税をご紹介!