【FX】結果を出すための勉強法を身につけよう

FXの勉強方法はネットや本とか色々あるので逆に情報が多すぎて

「どういう勉強方法にしたらいいのか迷って思ったよりも捗らない」

そんな悩みを抱えている方、これを機に今の勉強方法を見直して

結果を出すための勉強方法を見つけてみませんか?

今回はFXを学ぶ上で重要な項目とオススメの勉強方法を説明していきたいと思います。

FXを学ぶ上で重要な5つの項目

FXには大きく分けて5つの工程があり

そのどれもが結果を出すには重要になってきます。

それぞれどんな工程なのか順番に見ていきましょう。

1、経済指標の確認

その日発表される経済指標が為替相場に影響を与そうなものがあるのかというものをチェックする工程です。

全部覚える必要はないにしろ主要5通貨に関わる経済指標の名前と

価格に影響を与えやすい指標の名前は最低限覚えておきましょう。

2、通貨ペアのチェック

通貨の売り買いの傾向を見て為替の動向・通貨の力関係を大まかに把握する工程です。

ペアの数自体も非常に多いので主要5通貨ユーロ、ポンド、豪ドル、米ドル、日本円この5つの組み合わせをチェックしましょう。

同時にどの通貨で取引するのかを絞り込みます。

3、テクニカル分析による戦略だて

チャートに表示されているローソク足の状態から

その状況を判断しその時どのように立ち回れば

どのくらいの値幅をとれそうかといった戦略立てをする工程です。

テクニカル分析はとても奥が深いので

長い目で見ながらコツコツ勉強していきましょう。

4、注文エントリー判断

実際注文を出す時どういった注文が最適なのか

なにをきっかけに注文を出せばいいのかを考える工程です。

5、決済・利食い・損切りの判断

ポジションを持った後いつ利食いすればいいのか

どこで損切りすればいいのかを判断する工程です。

決済ではテクニックと同じくらい精神論が大切になります。

ですので理想はテクニックと精神力をバランス良く鍛えられる勉強方法です。

1つのやり方に絞って勉強しよう

ここまで5つの工程を見てきましたが

5つ全部の工程を極めるのは正直難しい、無理に近いです。

例えばテクニカル分析だけみてもいっぱいあり、インジケーターを極めながらマルチタイム分析やダウ理論を極めていくのはすごい大変です。

そうなると、どれも中途半端になってしまって結果を出せずに途中で挫折してしまうことになりかねないので

まずは手法を1つのやり方に絞ってそこを深掘りしていくのが大事です。

ちなみに

手法はいっぱいあるのでプロのトレーダーは全部できるんじゃないかと思われがちですが、実際は自分の得意なタイミングをしっかり待ち、それ以外の取引はほとんどやってないですね

逆に言えば1つのことを極めればそれだけで独立してプロのトレーダーになれるのです。

初心者にオススメの手法

私が初心者にオススメの手法とは

  • テクニカル分析を使い、順張でトレンドフォローの手法を学んでいくことです。

チャートの流れは川の流れと同じで同じ方向に流れていったほうが楽です。

わざわざ逆張りみたいに方向に逆らっていくと難易度も上がるしリスクも上がるので

最初は簡単なトレンドフォローでやっていくのがいいと思います。

  • まずは順張りの方法を身につけましょう。

順張りの中でも色々ありますが、初心者がやる上でいい手法とは

押し目や戻りを狙ってトレードしていくやり方です。

このやり方ってかなり基本的なやり方で昔からある王道と言えば王道ですよね。

初心者の方はおそらく勝率が圧倒的に高い新しい手法がないかと求めている方がいるかもしれませんが

こういう昔からある基本的な方法でも追求していくことで

結果を出すことができるようになります。

まとめ

FXには大きく分けて5つの工程があり

そのどれもが結果を出すには重要になってきます。

ですが全てを極めるのは無理なので

1つの方法に絞って勉強しましょう。

fxで結果を出すには、何を勉強するのかと同じくらいどうやって勉強するかが大切です。