【FX入門】勝てるようになるための道筋

SNSやブログでFXが儲かるらしいっていうのは知ってるけど、それなりのリスクとリターンがあってFXが怖い危ない、と思っている人が少なくないと思いますが、しっかりとした知識とFXの方法を学べばそういった危ない要素を回避する事も可能です。

今回は、全くFXの知識がないが、FXに興味があると言う人向けの内容です。

この記事を読めばFXの全体像を掴む事ができるでしょう。

FXの基本的な知識

FXとは「Foreing Exchange」つまり「外国為替」という意味の英語を略したもので、正式名称は「外国為替証拠金取引」と言います。

外国為替とは、ドルと円、ユーロとポンドなど異なる2つの通貨間の交換のことを指します。

それぞれの通貨の価値は毎分毎秒ごとに変動していて、それをインターネットを通じてリアルタイムで2つの通貨の交換を行い、そこから利益を生み出そうとする、それがFXです。

MEMO

今はよく分からなくても、何となく片方の通貨の価値が変わるだけでお金が生まれるんだ。

という解釈で大丈夫です。

そしてFXでは時間を選びません

FXはインターバンク市場という世界中の銀行や証券会社などの金融機関同士が相互に取引する市場で行われる取引です。

なので平日であれば24時間取引が終わることはありません。

つまり、あなたが学生でも社会人でも昼型でも夜型でも関係なく、いつでもどこでもFXをする事ができるのです。

口座を開設しよう

FXをやるためには、FX専用の口座を用意する必要があります

FXの口座には海外口座国内口座があって特徴もそれぞれ違います。

その特徴の1つがレバレッジです。

レバレッジとは「てこの原理」のことを指しています。

FXでいうレバレッジは「小さなお金で大きなお金を動かすこと」を指すのです。

トレーダーは自己資金の数十、数百倍もの金額の取引をすることができます。

日本のFX口座では、自己資金の最高25倍、海外のFX口座では、自己資金の最高1000倍ものお金を使ってFXをすることができるのです。

すなわち、例えあなたが10万円しか持っていなくてもFXでは1億円分の取引をすることができるのです。

勿論それには、それなりのリスクとリターンがあって、勝った時の利益も1000倍、負けた時の損失も1000倍です。

ですが、このレバレッジがあるからこそ何百万円もの利益を生み出す事ができるのです。

取引を始めよう

FXには、デモ口座というものがあり、実際の相場の動きで仮想トレードをして、練習する事もできます。

口座を開くのも練習するのも無料、なのでお金をかけずに練習を始めたいという方はデモ口座を開くのもありだと思います。

ただ、本気でFXで稼げるようになりたいという方には、デモ口座はオススメ出来ません

なぜなら、実際のお金を動かすのとデモでは全く精神状態が違うからです。

なぜかデモでは上手くいくがリアルではなかなか上手くいかない、というトレーダーは結構います。

なので、少額でもいいからリアルトレードで、コツコツ勝ちを積み重ねて実践的な勝ち方を身につけることをオススメします。

そして、少額入金して取引をしようと言ったのは、初めのうちは多くの人が資金を溶かしてしまうためです。

取引をしているうちに利益が出始めると、段々と勝てそうな気がしてきます。

数百円稼げると、それが物足りなくなり、数千、数万を狙うようになります。

ただこれは、よくやる危ないアプローチで、取引を大きくして行き最後の一回が上手く行かないと、それまで稼いだ分を全て溶かしてしまうくらいに負けてしまいます。

なので、安定して稼げるようになるまで23ヶ月くらいは様子見で取引量を変えずにトレードする方が安全です。

FXで勝つための知識

勝つための知識は大きくこの3要素に分かれています。

FXを勝つための3要素

ファンダメンタル(経済指標)

・テクニカル   (チャート分析)

・メンタル    (精神面)

勝てるトレーダーになりたいならこの3つの要素を勉強しながら、実際に相場で試してみてその結果を分析するのが大事です。

まずは、ローソク足移動平均線あたりから学ぶといいと思います。

これが終わる頃にはだいぶ相場に慣れてきて、どうしたらもっと勝てるようになるか悩み始める頃です。

そうなってから勝てるようになるための勉強を始めてください。

まとめ

FXは2つの通貨間の交換レートの変動で利益を出します

FXをやるためには、それ専用の口座を用意する必要があります。

FXの口座には、海外口座国内口座があって特徴もそれぞれ違います。

そして口座が開設できたらまず、少額だけ入金して取引を始めましょう。

勝てるトレーダーになりたいなら3つの要素を勉強しましょう。