【FX】少額から始められる取引手法を理解しよう

FXをやる上で重要になってくるのが自分に合ったトレードスタイルを見つけることです

自分に合ってないトレードスタイルで取引をして行くと全く勝てないということもあります。

少額から始める場合には、スキャルピングトレード・デイトレード・スイングトレード、この3つから始めるのが無難です。

自分に合ったものがどのようなものなのか理解するために

まずはそれぞれの特徴を見ていきましょう。

スキャルピングトレード

まずスキャルピングという超短期のトレードスタイルになります。

短いものだと数秒、長くても数分〜十数分の間で少ない利益を確実に積み重ねていく様なイメージのスタイルです。

1日の間に何度も繰り返しトレードをするので

そのたびに発生するスプレッドという手数料が問題となってきます。

1回では小さいスプレッドですが取引の度に積み重なっていくので

スプレッドが狭いFXの業者で取引をするのがオススメです。

MEMO

スキャルピントレードは細かく決済していくので

超短期的な保有が大前提となりその分大きな損失を出しにくいので

強気に大きなロッドで勝負することができます。

しかしFXを始めたばかりの初心者にはスキャルピングはお勧めできません

なぜなら初心者にとって難しい損切りがスキャルピングでは特に重要だからです。

逆行した場合すぐに損切りができなければ

含み損が膨らんでいきます。

「また戻ってくるかも」と淡い期待を待って

短期で決済するはずのポジションを保有してしまうと

ズルズルと損切りができず手が出せないような損失になりますので

必ずエントリーと同時に損切りのタイミングを決めておきましょう

デイトレード

デイトレードはスキャルピングよりも長い時間でポジションを保有しますが

1日の中で完結する取引になります。

なるべく翌日以降にもっているポジションを持ち越さないで

決済することが前提のトレードです。

デイトレードの特徴はスキャルピングよりも1度のトレードでより大きな利益を狙えること

さらに比較的長期のトレンドを重視するのでイレギュラーな動きが少なくその分値動きの予想がしやすくなります

またその日のうちに決済することが決まっていれば

夜チャートが気になってしまって眠れないなんてこともありません。

スキャルピングよりも短期的な値動きに翻弄されて下手なトレードをしにくくなるうえに

窓開けやスワップといった余計な要素を考えなくてもいいので

初心者向きのトレードスタイルです

スイングトレード

スイングトレードはデイトレードよりもさらに長い時間でポジションを保有するトレードスタイルです。

数日から長いと数週間程度保有する場合もあります。

スイングトレードのメリットはデイトレードよりもさらに大きく利益を狙えるととろにあります

一度通貨を保有すればしばらくの間保有することが前提となるので毎日チャートを監視しなくても大丈夫

チャートを見れない兼業のかたは1番はじめやすいトレードスタイルではないでしょうか。

デメリットとしてあげられるのがポジションをもつタイミングが重要でさらにそのチャンスも少ないという点です。

値動きが長期になればなるほど相場の波の周期が長いので必然的にエントリーのチャンスが減ります

そして誤って方向性のないタイミングでエントリーしてしまうと

利益がプラスとマイナスを行き来して精神的に余裕のないトレードになってしまいます。

注意

スキャルピングやデイトレードに比べて資金の回転が悪く、

その分ゆっくりと資金が増えていくので

少額からはじめる方にとってはメリットの少ないトレードスタイルだと思います。

まとめ

このようにそれぞれに良し悪しがあり皆さんの性格によっても合うか合わないかがあると言えます。

この3つ以外にもスワップ狙いのトレードや長期投資などがありますが

少額から始める場合にはこの3つから始めるのが無難なので

みなさんもいろいろ試してみて自分に合うトレードスタイルを見つけてください。