【FX】初心者に教えてあげたい投資金額は少ないほうが有利な理由

あなたは「投資の金額は多いに越したことはない」なんて思っていませんか?

少なくともFXにおいて、その考えは間違っています。

資金が多い方が有利なのは確かなんですが

それは順当に資金が増えていった場合において言えることで

初心者には少額のトレードを推奨します。

今回は、少額の取引が有利な理由と逆に高額取引のリスクについてお話ししていきたいと思います。

初心者は少額のトレードから始めよう

FX初心者の大体がこのような疑問を抱いているのではないでしょうか

  • あまり資金がないですがそれでも投資はできますか?
  • 10万円しかないですがトレードできますか?

など資金面に不安があると思いますが、全く問題ありません!

むしろ少ないほうがいいんです。

FXはレバレッジがあるので株よりも初期投資は少くて済みますし

最近は取引単価を昔の10分の1とか少なく設定できるところが増えてきているので

FXは、初心者が投資を始める入り口としても最適なんです

資金が少なくて悩んでいる方は下手にリスクをとることもなくなるので逆にチャンスなんです。

デモトレードでもいいのですがデモトレードだと

資産の減少によるメンタルの訓練にならないので

ある程度仕組みが理解できたら

少なくてもいいのでリアルマネーを投入して

メンタルの修行をしていきましょう。

MEMO

資金が集まるまで書籍や動画などで勉強する猶予があるということ

その間に知識をつんで少額トレードによる実践経験をつみながら

トレードレベルを高めよう。

FXのリスクを知ろう

ここまでの話を聞いて

「なんだ、少額でも良いなら余裕じゃん」

と、軽い気持ちで始めようかなと思う方もいるかもしれませんが

これは、ほぼほぼ断言できてしまいます。

最初から順当にうまくいくことはまずありません。

酷なことになってしまいますが

何度か破産することによって実力が身についてくるということも否定できないんです。

最初は相場にトレードの勉強をさせて貰うくらいの気持ちで臨んでみてください

資金を飛ばす前提なら初期投資は少なければ少ないだけ有利なので

いかにリスクがあるかを、まずしっかり認識することが重要ということです。

実力がついているにも関わらず

地合いが悪くてなかなか資産の増加に繋がらないことも多いので

少額でイマイチ結果が出ていない場合には

無下に資産は増やさないほうがいいということです。

具体的な手法

もちろん、最終的には資金が多いほうが良いのですが

ただ、トレードを始めたばかりの人は現時点で資金があったとしても

まずは焦らずある程度知識がつくまでは

出来るだけ少額を投入する方法を取るのがいいと思います

いきなり高額な資産をリスクにさらすより

失なってもやり直しが効く少額を口座に入れておいて

もし最悪失ったとしてもリベンジができるようにしておいたほうが良いですよね

注意

人間はどうしても資金を一気に増やしたくなってしまうので

いざという時に使える資金が目の前にあると

それまでに負けた金額を取り戻そうと意地になり

資金いっぱいまで使ってしまうこともあるものです。

そもそも資金は実力とともに増やして行くべきなんで

10万円を15万円にできない人は100万円を150万円にできない

1000万円を1500万円にもできない可能性が高いですよね。

ですのでいきなりビックマネーで挑戦するより

最悪失ってもいい金額で挑戦して

失敗したらリベンジをする前提で投資をしていくのが

最も合理的な判断なんです。

投資をして、いきなり大成功なんて人はなかなかいないし

トレードする資金というのはトレードを学んでいく過程で徐々に増やしていくのが理想であって

知識や経験を積んでいく中で資金を増やしていかなければいけないのです。

まとめ

トレードを始めたばかりの人は現時点で資金があったとしても

まずは焦らずある程度知識がつくまでは

出来るだけ少額を投入する方法を取るのがいい

最初から順当にうまくいくことはまずないです。

最悪失ってもいい金額で挑戦して

失敗したらリベンジをする前提で投資をしていくのが

最も合理的な判断です。