【貯金の目標にしよう!】日本人の純金融資産額の分布を見てみよう!

金融資産 投資 分布

“ぼく”

節約してお金を貯めるのって苦痛だな。。。

頑張って働いて、節約をして、お金が貯めている人が多いと思います。

でもお金を貯めるのって苦しいですよね。

 

  • 「なかなかお金貯まらないな・・・」
  • 「いつまでこの生活を続けるのだろう・・・」
  • 「ほかの人はどれくらいお金を持っているのだろう・・・」

このように、お金を貯めることにネガティブな感情を持つときがあると思います。

 

“マニーハッくん”

何も考えずに貯金しても苦しいだけだよ!目標を決めて貯金するのがいいよ!!

 

なんでも目標(ゴール)を決めることがモチベーションの維持に繋がります。

貯金するにも、目標を決めることで楽しくお金の管理ができるようになります。

 

また、目標額に達した際の達成感も得ることができます。

 

“ぼく”

貯金の目標ぐらいすでに決めているよ!

 

そこで、この記事では「日本人1世帯が保有している純金融資産」を紹介します。

 

簡単に説明すると、どのくらいのお金をどれくらいの人が所有しているかを分布的に表したものです。

これを参考にし、いわゆる「お金持ち=富裕層」になる階段を1つ1つ登ってみませんか?

 

MEMO

純金融資産とは・・・

預貯金、株式、債券、投資信託、一時払い生命保険や年金保険など、世帯として保有する金融資産の合計額から負債を差し引いたものです。

 

日本の世帯が保有している純金融資産額の分布を見てみよう!

金融資産 分布 富裕層

まず最初に、日本人がどれくらいのお金を持っているのかを次の分布図で見ていきましょう。

 

純金融資産保有額の階層別にみた保有資産規模と世帯数

図1

株式会社野村総合研究所のサイトから抜粋 https://www.nri.com/jp/news/newsrelease/lst/2018/cc/1218_1

 

この図を見ると、「お金持ち=富裕層」と呼ばれるには金融資産が1億円以上持っている人のことを言います。

このレベルを目指したいですよね。

しかし、この富裕層になるにはコツコツ貯金しているだけではなれません

 

起業して社長になったり、投資で莫大な利益を得たり、支出を極限に減らしたり(月数万円など)、普通に過ごしているだけでは無理です

 

そこで、普通の人が目指す目標になるのが、この図で言うとアッパーマス層、準富裕層になります。

 

アッパーマス層:3000万円以上5000万円未満

準富裕層   :5000万円以上1億円未満

 

まず、マス層(純金融資産保有額が3000万円未満)から抜け出す必要があります。

それだけで、アッパーマス層に入り、日本人の純金融資産保有額上位13%に入ることになります。

 

“マニーハッくん”

上位13%に入れるなんてすごいことだよ!!

 

“ぼく”

でも3000万円なんて大金なかなか貯めることができないよー

次に、純金融資産3000万円を貯める方法をまとめてみました。

 

 

金融資産を投資し、運用しよう

金融資産 運用 投資

投資を行い、利回りで資産を増やそう!

資産形成で避けて通れないのが、投資です。

貯金だけでも3000万円貯めることができるのですが、とても大変です。

例えば、月5万円とボーナス年50万円を貯金した場合を考えてみましょう。

 

5万円×12+50万円=110万円(1年間で貯まるお金)

3000万円÷110万円=約27年

 

貯金だけで3000万円貯めようとすると約27年かかることがなります

途方もないですね。

 

そこで、投資を行い資産を運用しましょう

投資を行うことで利回りを得ることができます。

 

例えば、上記の月5万円とボーナス年50万円を利率5%で運用したとします。

すると、19年で3000万円の金融資産を得ることができます

※シミュレーションはこちらのサイトを利用しました。

 

貯金だけをした場合に比べて8年も時間を短縮することができます

投資の価値がわかりますね。

 

 

増やした資産を守ろう!無駄使いしない!

皆が憧れる高級車やブランドのバックや財布など欲しいですよね。

お金が増えてくるとこれら高級品を買いたいと思ってしまいます。

 

それはホントにあなたが欲しいものでしょうか?

見栄やプライドを誇示しようとしていませんか?

 

ここで無駄使いをしてはいけません

 

見栄やプライドのためにお金を使っていますと、せっかく貯めたお金が湯水のようになくなってしまいます。

 

ホントに自分に必要なものを見極め、自分が幸せになるようにお金を使っていきましょう

 

 

<まとめ>目標をしっかり決め、金融資産を増やそう!

野村証券では、純金融資産保有額の分布図を公開しており、次の5の階層に分けています。

 

  • 超富裕層(5億円以上)
  • 富裕層(1億円以上5億円未満)
  • 準富裕層(5000万円以上1億円未満)
  • アッパーマス層(3000万円以上5000万円未満)
  • マス層(3000万円未満)

 

1億円以上の富裕層を目指すには、会社の社長になったり、投資で莫大な利益を得るしかないでしょう。

普通の人の目標は、マス層を抜けアッパーマス層になることです。

これで金融資産額上位13%に入ることができます。

 

金融資産形成には、投資を行い、利回りを味方につけ運用することです。

そして、見栄やプライドのための無駄な浪費をやめることです。

 

“マニーハッくん”

目標をもって金融資産を増やして、優雅な人生を送ろう!!