【保険】知らなきゃ損する!高額医療制度とは

“ぼく”

うう・・急な入院でお金が10万円もかかっちゃた・・

 

“マニーハッくん”

大変だねぼく君、でも条件が揃えば入院費をかなり抑えることができるんだ!

 

この記事では入院した際にかかる費用を一定の金額にまで抑えることができる高額医療制度についてご案内をしていく記事になります。

高額医療制度とは

病院 入院 限度額

入院や重い病気の治療など高額な支払いが必要な場合に限度額認定書があると、その限度額以上の金額を払わなくてもいいシステムなります。

 

限度額認定書とは

限度額認定書とは高額医療制度を受けるうえで必要な認定書になります

入院中に限度額適用認定証がない場合には全額を支払うことになります。

限度額適用証明書を発行した後に払い戻しは可能なのですが、一時的とはいえ自身の金額で建て替えるわけなので自分の負担額は大きくなってしまいます。

 

少し体調が悪い、入院する予定があり身体を動かしても大丈夫な場合はあらかじめ市役所にて手続きを行い限度額適用証明書を発行しておきましょう。

なお、食事代やレンタルをした生活用品等は限度額の中に含まれないので別途でお金を支払う必要があります。

 

“ぼく”

全額支払わなくてもいいんだね!

 

“マニーハッくん”

そうだね!だけど支払いの限度額もその人の収入によって変わってくるんだ!

 

限度額は?金額の条件は?

“ぼく”

限度額はどのくらいの違いがあるの?

“マニーハッくん”

いい質問だね!限度額は申請者が月に得る所得によって変わってくるよ!

 

70才未満の方

 

70歳未満の方の条件

 

 

所得区分:1区分ア

(標準報酬月額83万円以上の方)

自己負担限度額:

252,600(総医療費-842,000)×1

多数該当者:140,100

 

所得区分:2区分イ

標準報酬月額53万~79万円の方)

自己負担限度額:

167,400(総医療費-558,000)×1

多数該当者:93,000

 

所得区分:3区分ウ

(標準報酬月額28万~50万円の方)

自己負担限度額:

80,100(総医療費-267,000)×1

多数該当者:44,400

 

所得区分:4区分エ

標準報酬月額26万円以下の方)

自己負担限度額:57,600

多数該当者:44,400

 

所得区分:5区分オ

(低所得者)(被保険者が市区町村民税の非課税者等)

自己負担限度額:35,400

多数該当者:24,600

 

例えば年収500万円の40歳の方が総額100万円の医療費の治療を受けた場合

年収500万円を12ヵ月でわると月約41万円の収入となるので区分ウに該当がされる

となると計算は

自己負担限度額:80,100(総医療費1,000,000円-267,000)×1=81,310

総額81,310円の計算になります

 

“ぼく”

100万円が8万円にまで下がっちゃった!?凄い!!

 

 

70才以上75才未満の方

70歳以上75歳未満の方

所得区分:現役並Ⅲ

(標準報酬月額83万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方)

自己負担限度額:252,600+(総医療費-842,000円)×1

多数該当者:多数該当:140,100

 

 

所得区分:現役並Ⅱ:

(標準報酬月額53万~79万円なおかつ高齢受給者証の負担割合が3割の方)

自己負担限度額:167,400+(総医療費-558,000円)×1

多数該当者:多数該当:多数該当:93,000

 

 

所得区分:現役並Ⅰ
(標準報酬月額28万~50万円なおかつ高齢受給者証の負担割合が3割の方)

自己負担限度額:80,100+(総医療費-267,000円)×1

多数該当者:44,400

 

所得区:

一般所得者 低所得、現役並所得者以外の方者 

自己負担限度額:

[外来(個人ごと)]18,000円(年間上限14.4万円)

[外来・入院(世帯)] 57,600円 多数該当者:44,400

 

 

所得区分:低所得Ⅱ

自己負担限度額

[外来(個人ごと)]8,000

[外来・入院(世帯)]24,600

 

 

所得区分:低所得Ⅰ(年金収入80万円以下)

自己負担額

[外来(個人ごと)] 8,000

[外来・入院(世帯)]15,000

 

 

出典 全国保険協会より

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150/

 

“マニーハッくん”

多数該当の金額は1年間で3回以上高額の医療を受けた人のみに適用されるよ!

払い戻しをすることもできるの?

病院 入院 限度額

 

“ぼく”

限度額があるってことは分かったけど、急な入院だったから申請してないよう…

 

“マニーハッくん”

大丈夫!入院費を支払った後でもちゃんと手続きを踏めば払い戻してもらうこともできるんだ!

 

必要な手続きは?

まずは通常通り医療費の全額の支払いを行います。

その際に病院に診療報酬明細書申請します

医療機関等から提出される診療報酬明細書の審査を協会けんぽ等での審査を経て、承認が下りたら、支払った金額-限度額の差が支払われます。

ですが、審査が通るまで3か月ほど時間を有してしまうので、注意しましょう。

 

急に高額な医療費を払えない!そんな時は

“ぼく”

払い戻しができることは分かったけど、手元に払えるお金が無い!どうしよう…

 

“マニーハッくん”

大丈夫!そんな人のためにもちゃんとした制度があるんだよ!

 

急な入院で高額な医療費を支払わなければならない、だけど手元にお金がない、そんな利用者の方のために

高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で貸付する「高額医療費貸付制度」という制度が存在します。

 

 

高額医療費貸付制度とは?

医療費の払い戻しを行う際は医療機関等から提出された診療報酬明細書の審査を経て行いますので、決定に約3ヶ月かかります。

高額な医療費になるので、手元に高額な医療費用がないという方のために、高額療養費支給見込額の8割相当額を無利子で貸付を行う制度です。

必要なもは下記のものになります。

申請に必要なもの

(1)医療機関の発行した、保険点数のわかる医療費請求書

(2)被保険者証又は受給資格者票等

(3)高額医療費貸付金借用書

(4)高額療養費支給申請書

返済方法

資金は当然、高額医療費の8割を支払うのに使用します。

残額は申請書類に記載されている指定口座に振り込み返済を行います。

 

“ぼく”

こんな制度があるだなんて知らなかった!!

“マニーハッくん”

急な入院でも対応してもらえるとてもありがたい制度なんだ!

保険っていってもどれに入ればいいか分からない

そうですね、一口に保険といっても沢山あるのでどれに入ればいいのか混乱しがちです。

こちらの記事にて保険の役割について解説をしていますので是非参考にしてみてください!

 

 

 

最後に

さて、高額医療の限度額について解説をいたしましたが、やはり一番は自分の体調に気を付け、生活習慣を見直すことです。

今一度自分の食生活、帰ったら手洗いうがいなどの自己管理を見直しましょう。当ブログには健康に関連する記事がほかにも複数あるので是非参考にしてみてください!

 

【医者いらず】健康な食生活のススメ

 

【健康な身体を作る!】ヨガはなぜ体にいいの?