【扶養控除】「103万円の壁」の対象は?子供のアルバイト?

扶養控除 対象 子供 アルバイト 103万円

“ぼく”

バイト先で「103万の壁」という言葉を聞いたんだけどこれっていったい何なの・・・??

 

“マニーハッくん”

実は年間の所得が103万円を超えると「損」をしてしまう場合があるんだ!

 

アルバイトをしている方やパートをしている主婦などの方は「103万円の壁」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

この103万円というのは実は「扶養控除」という制度・仕組みが関わってきます。

 

今回はこの「扶養控除」というものをみていきながら「103万円の壁」を理解していきましょう!

「扶養」や「控除」について

扶養控除 対象 子供 アルバイト 103万円

「扶養控除」とは何かを知るためにはまず「扶養」と「控除」のそれぞれの意味を理解しておく必要があります。

一つずつみていきましょう!

「扶養」とは?

扶養とは親族の人から経済的な援助をうけることをいいます。

つまり一家の中で父親が働いて生計を立てている時に妻や子供は「扶養家族」になります。

誰か親族の収入に頼って生活をしている人は扶養されているというわけです

 

「控除」とは?

「控除」の意味は一定の金額を差し引くという意味です。

実際の収入から差し引いて課税の対象となる金額を実際の収入よりも少なくできるということです。

つまり控除をすることで税金が安くなります

 

  • 収入ー給与所得控除=所得金額
  • 所得金額ー所得控除(扶養控除など)=課税所得金額
  • 課税所得金額×税率=税額
  • 税額ー税額控除=所得税額

 

 

知っておきたい扶養控除の基礎知識

扶養控除 対象 子供 アルバイト 103万円

扶養控除は基本的に扶養している人の税金に関係がある話です。

 

扶養をしている人に課される税金は扶養家族の扶養控除が引かれている所得金額からの算出になります。

つまり、一定の基準を満たせば扶養家族の分だけ「扶養控除」を受けることができ税金を安く済ませることができます

 

扶養控除を受けるための扶養家族としてカウントできる対象

この扶養控除は扶養家族が誰でもいいというわけではありません。

以下の要件を満たした人が対象となります。

 

  1. 納税者の扶養家族で生計を一にする人
  2. 年間の合計の所得金額が48万円以下の人
  3. 他の人の扶養家族になっていない人

 

控除額について

扶養控除の金額は扶養家族の属性によって異なります。

実際の扶養控除の控除額は次の通りです。

 

  • 16歳以上18歳以下 ・・・38万円
  • 19歳以上22歳以下・・・ 63万円
  • 23歳以上69歳以下・・・ 38万円
  • 70歳未満 ・・・48万円
  • 70歳以上 ・・・58万円

 

注意すべき「103万円の壁」

 

高校・大学に通っている子供のアルバイト収入が103万円を超えてしまうと、親(扶養している人)の扶養控除が適用されなくなります。

そのため、親の扶養控除が適用されず課税所得金額が上がります。

つまりこれによって所得税が上がる可能性があるので103万円は超えられないといことです

これがいわゆる「103万円の壁」というものです。

 

103万円以上でも130万円以下であれば勤労学生控除が適用できるので子供には所得税はかかりません。

注意
130万円以下でも親の扶養控除は適用外です!

 

まとめ:子供のアルバイト103万に気をつけて扶養控除を受けよう!

ポイント
  • 「扶養」とは親族から経済的な支援を受けること!
  • 「控除」とは所得金額を減らすことで課税の金額を減らせる制度!
  • 「扶養控除」とは扶養家族の分だけ控除を受けることができる制度!
  • 扶養控除には制約があり誰でも受けれるわけではない!
  • 高校・大学生の子供のアルバイト代が103万円を超えるとその子供分の扶養控除が受けれない!

 

いかがでしたでしょうか?

扶養控除はかなりお得な控除なのでなるべく控除対象から外れないようにすることがおすすめです。

是非年末調整などでも役立ててください!

【所得税が戻ってくる?】年末調整の仕組み キホンのキ

【控除を使いこなす】個人でできる節税をご紹介!