【節約】衝動買いを抑えるための心理術!後悔しないために

衝動買い 抑える 心理

“ぼく”

なんでこれ買ったんだろう・・・いらなかったなぁ

つい衝動買いをして、あとから後悔することってありますよね。

衝動買いを抑えることは、無駄な買い物をしないことなので、節約に直結していきます。

今回は、衝動買いを抑える考え方を紹介していきます!

衝動買いを抑える考え方

衝動買い 抑える 心理

事前に買うものを決めておく

何も買うものを決めずに出かけてしまうと、あれも!これも!と買ってしまいますよね。

そこで、先に買うものを決めておき、それ以外は買わないようにすることで、衝動買いを抑えることができるでしょう。

 

そして、お店も事前に決めておき、他のお店には立ち寄らないようにすることも、衝動買いを抑えるには有効です。

必要な購買行動だけするようにしてみましょう。

外出時は必要な分のお金しか持ち歩かない

衝動買いをするときはどんなときでしょうか?

財布の中が潤っているときが多くありませんか?

金銭的に余裕があると感じると、贅沢してもいいかな?と考えてしまうのが人間の性。

それなら、普段から必要最低限のお金しか持ち歩かないようにすることで、衝動買いの欲求を鎮めようという考えです。

 

財布に出せるお金がないと、自然と購買欲求は湧いてこなくなります。

ついコンビニに寄ってしまう!ということも減っていくでしょう。

ポイント

必要最低限の金額を持ち歩き、余計な寄り道や衝動買いを減らそう!

欲しい!と思ったら一度冷静になる

衝動買いをするときは、欲しい!と思った感情の勢いのまま、レジに向かってしまいます。

その前に一度深呼吸をして、以下のことを自身に問いかけてみてください。

欲しい!と思ったときに考えること
  1. 本当にこれは必要?
  2. 購入するほどのメリットはある?

NOがあるなら、その商品を買うことを、思い切ってやめてみましょう。

あとで、自分の冷静な判断が正しかったと思えるかもしれません。

衝動買いを抑えて無駄遣いを減らそう!

ポイントをおさらいします。

衝動買いを抑える考え方
  1. 事前に買うものや行くお店を決めておき、それ以外のお店に立ち寄らない。
  2. 外出時は必要最低限のお金を持つようにする。
  3. 欲しい!と思ったら一度冷静になる。

衝動買いしそうになったときは、一度立ち止まってじっくり考えてみましょう。

そうすることで、後悔のない買い物ができるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

【脱三日坊主】続かない家計簿を続けるコツ4つ

【毎日の節約】マイボトル生活のススメ