【投資信託】分配金が毎月もらえるのはおトクなの?分配金の仕組みと種類、メリットを解説!

投資信託 分配金

“ぼく”

毎月の分配金は、定期的におこずかいが入るみたいでうれしいけど本当におトクなのかな?

投資信託には、決算日ごとに分配金が支払われるタイプのものがあります。

支払われる頻度はそのファンドの種類によってさまざまですが、その中でも毎月分配型の商品は安定して人気があります。

しかし、毎月分配金がもらえるのは本当におトクなのでしょうか?

そこでこの記事では投資信託の分配金の仕組みと種類、メリットについて分かりやすく解説します。

“マニーハッくん”

毎月分配型のファンドは魅力だけどイマイチ仕組みがわからない方、分配金は本当に得する制度なのか不安な方はぜひ参考にしてみてね!

投資信託の分配金の仕組みって?毎月分配型には2種類ある!

投資信託 分配金
毎月分配金がもらえるタイプのファンドは、運用成績に関係なく一定の金額が毎月配当されます。

でも、運用成績が悪くてもお金をもらえるのはちょっとおかしいと思いませんか。

実は、毎月型を含む分配型ファンドには次の2種類の分配金があるのです。

・普通分配金

・特別分配金

 

参考:日本証券業協会

一つずつみていきましょう。

普通分配金とは

投資信託を買った時より価格が上がれば、その分配当として支払われる分配金を「普通分配金」といいます。

毎月分配型のファンドは1ヵ月ごとに決算を行なって、運用損益を確定します。

これは利益の分だけ配当をもらえる一般的な仕組みなので分かりやすいですよね。

特別分配金とは

一方で、毎月分配型のファンドは運用成績にかかわらず配当を出さなければなりません。

しかし決算時に価格が下がっている場合は利益から配当を出すことができません。

そこで登場するのが「特別分配金」になります。

これは、利益がない場合は元本を取り崩して分配金を支払う制度です。

特別分配金が増えれば増えるほど手持ちの金融資産が目減りしてしまうので、毎月分配金がもらえても決して得をしているとはいえません。

分配型投資信託のメリットってあるの?

投資信託 分配金
このように見てくると、毎月分配型のメリットはあまりなさそうに思えますよね。

でも、このようなニーズが結構あって投資家の支持を得ているのも事実です。

分配型投資信託のメリット
運用成果は毎月こまめに受け取りたい。

確かに自分の目的に合えば、悪くない制度ともいえます。

逆に、デメリットの方が多いことも理解しておきましょう。

分配型投資信託のデメリット

・利益が出ないと元本が減っていく

・再投資による複利効果が得られない

・毎月分配型のファンドは、コストが高いものが多い

普通分配金でお金が増えれば、増えた分を再投資して雪だるま式に元本を増やしていくことができます。

しかし元本を取り崩す特別分配金は、複利効果が得られにくくなってしまいます。

また、基本的に毎月分配型はコストの高いファンドが多いことが特徴です。

ちなみに「特別分配金」について、4人に1人がよく内容を理解しないまま買っているとのこと。

毎月分配型の投資信託を買ったことがある人に対し、「分配金は元本を取り崩して払う場合があり、それを特別分配金と呼ぶことをご存知ですか」と質問したところ、「いいえ」の答えが26.0%にのぼった。

引用:Quick Money World

分配型の投資信託は、できるかぎり内容を理解してから購入しましょう。

まとめ:分配型の投資信託は、内容を理解してから買おう!

今回は、「投資信託の分配金の仕組みと種類、メリットを解説」というテーマでお伝えしてきました。

早く投資を始めたいのは分かりますが「なんとなくおトクそう!」という感覚だけで、よく分からないまま投資信託に手を出すのはおすすめしません

最低限の仕組みを理解した上で、少額から投資をしつつ勉強をしていきましょう。

“マニーハッくん”

分配型投資信託を正しく理解して、自分に合ったファンドに投資しよう!

 

投資信託の運用会社が倒産したらどうなるの?私たちの資産は保証される?

【資産運用】投資初心者におすすめ!投資信託って何?複利効果で資産を増やそう!