iPhoneを売却しよう!【4つの注意点とおすすめ時期】

iPhone 注意

“ぼく”

機種変更したけど、以前のiPhoneはどうしよう……

例えば、みなさんは他社へ乗り換えで、不要になった端末はどのように処分しますか?

下取り・譲渡・自己保有など方法はありますが、特におすすめなのは早めの売却です。

“ぼく”

よし! 売却して、お金に変えよう!

特に日本では、iPhoneは人気の高い端末のため、買取業者がたくさん存在します。

ただし、iPhoneは個人情報がたくさん詰まっているため、企業へ売却する場合も注意が必要です。

 

“ぼく”

個人情報の削除は業者がしっかりやってくれるんじゃないの?

“マニーハッくん”

しっかりやってくれるけど、大事な個人情報だし、自分で削除や解除をしないと査定額が下がるんだよ!!

 

今回は「iPhoneを売却する前に注意すべきこと・売却時」について述べていきたいと思います。

 

【注意】iPhoneを売却前にすべきこと

iPhone 売却

①「iPhoneを探す」の機能をオフにする

「iPhoneを探す」の機能をオンにしたまま、初期化をしてしまうと、あらたにiPhoneを購入した方が初期設定をした時、あなたのAppleID・パスワードを求められます。

これをアクティベーションロックといい万が一、端末を落としたり、盗まれたりした場合、悪意ある第三者が初期化して自分のiPhoneとすることを防ぐための機能です。

売却時にこの機能をオンにしたままにした場合、ID・パスワードを求められるので、利用ができず、iPhoneを売却する際に買い取ってもらえません。

そのため、この機能を必ずオフにするようにしてください。

 

ポイント

おサイフケータイ(SuicaやEdy等)のデータは初期化しても消すことができません。

こちらも、新しく購入した人がおサイフケータイの機能を使えなくなるため、メモリクリアをしましょう。

②SIMロック・画面ロックを解除

SIMロックとは、SIMの利用制限が掛かっている状態のことです。NTTドコモ、au、ソフトバンクなどで購入した端末には、他の携帯電話会社のSIMカードが使えないように、端末自体に制限がかけられています。

この制限を「SIMロック」といい、このロックを解除しておくだけで、査定価格が¥1000~¥5000ほど上がります。

また、画面ロックも、解除し忘れることが多いため、ここもしっかり解除しましょう。

③iPhoneの初期化

法人の売却だとしっかりデータを消してくれますが、やはり個人情報がたくさん詰まっているので、買取に出す前に自身でしっかり初期化しておきましょう。

初期化をしていない場合、故障などと同じ使える見込みがないジャンク品として扱われ、価格が大きく下がります。

④付属品を用意する

最高金額で引き取ってほしい場合は、iPhoneの状態だけでなく、手元の付属品を全て揃えましょう!付属品とまとめて買取に出すと売却金額も上がります。

 

MEMO

一部が欠けている場合は、査定金額はあまり増加しません。そのため、全て揃えるようにしましょう。

iPhoneを売却するおすすめの時期は?

iPhone 売却

①おすすめ時期:7月~8月

日本では、おおよそ9月頃に新型iPhoneが発売されます。そのため、新型の情報が出回る前の7月頃が高額買取に繋がりやすいです。

発売月の9月以降になると、買取価格が大幅に下落するため、新作が発表される前の7月までに iPhoneを売却しましょう。

7月に比べて、8月のiPhoneの買取金額はやや下がりますが、大きく下落しないため、まだiPhoneを売却する時期としてはおすすめです。

②キャンペーン期間

各社によってiPhone端末の買取価格がアップする時期があります。キャンペーンが打ち出される時期はまばらですが、売却する企業のキャンペーンをチェックしてみましょう。

また、ネットで複数社見積もりを出してもらえるサイト(ヒカカク)もあるので活用してみましょう!

 

MEMO

自分の場合iPhone8(64GB・シルバー・付属品なし)で見積もり査定を出したところ

大体¥2000-¥17000ほどの値段がつきました!

まとめ:不要なiPhoneは早く売却しよう!

いかがでしょうか?

iPhoneは個人情報の塊だし、売りに出すのも怖い…と感じる人もいらっしゃいますが、手元に置いておくと、どんどん価値が下がってしまいます。

店舗で買取しているお店もあるため、もし興味を持ったならば、一度相談されてみてはいかがでしょうか?

【初心者でも簡単♪】フリマアプリで商品を売るコツ!