今更聞けない!?難しい軽減税率のことを分かりやすく解説!

“ぼく”

あのさ、、消費税が上がってからけっこう時間もすぎたけど、軽減税率って結局なんなの?

“マニーハッくん”

確かに、ややこしいシステムだからなかなか理解しづらいよね。じゃあ今日は軽減税率について解説するよ!

よく耳にするけど、どんなものか具体的にイメージしづらい軽減税率。

ここで軽減税率について詳しくなっておくと、政治についてより理解しましょう!

軽減税率ってなんなの?

軽減税率と言うのは、一部の商品は特別に消費税が下がると言う制度です。

普通の物の消費税は10%ですが、軽減税率の対象商品は8%になります。

しかし、テイクアウトとイートインで税金が変わったり、水道水とミネラルウォーターでも変わったりするので、かなりややこしいですよね。

ここで、軽減税率対象のものとその条件をみてみましょう。

消費税が8%(軽減税率対象)のもの

消費税が8%のもの
  • 米、肉、魚、乳製品、パン、お菓子類
  • ミネラルウォーター
  • ノンアルコールの飲料
  • テイクアウトする場合
  • 新聞の購読
軽減税率は「お金をあまり持っていない人の負担を減らす」ために作られた制度ですので、アルコール飲料を除く食料品が軽減税率の対象となっています。

また、政治や経済などについて事実を広めるものとして、新聞にも軽減税率が適用されています。

ここからがややこしいのですが、「飲食料品の譲渡」とみなされる場合にも軽減税率が適用されます。

具体的には、

飲食料品の譲渡とみなされるもの
  1. 老人ホームで提供されるご飯
  2. 学校の給食
  3. ホテルの部屋にあるお茶や水

かなりめんどくさいですよね笑

ですが、この軽減税率、ありがたいと感じる方も多いのでは無いかと思います。

消費税が10%(軽減税率対象外)のもの

消費税が10%のもの
  • アルコールの入った飲料
  • 観賞用の魚、家畜
  • など
軽減税率対象にならない食料品を挙げてみました。

観賞用の魚だったり、豚や牛などの家畜はさすがに10%ですね。

また、「飲食料品の譲渡」とみなされない場合は以下のような時です。

飲食料品の譲渡では無いこと
  1. レストランや屋台での食事
  2. 学食や社員食堂
  3. ホテルのルームサービス
  4. 電子版の新聞

イートインみたいな場合は基本10%かかるみたいですね。

定期購読の新聞は8%で、電子版だと10%になるのは理解しづらいですけどね。

まとめ

ここまでのことをまとめると、

  • 飲食料品は8%
  • テイクアウトをすると8%,イートインを使うなら10%
  • アルコール飲料は10%
  • 新聞購読は8%
知らなかったことも多いんでは無いでしょうか?

消費税が上がってから、何を買うにしても税金がかかるような気がしてしまいますよね。

ただでさえ、お金がないのに、消費税が高いとなると、何かを買うことも少なくなってきますよね。

お金をやりくりしていく中で、しっかりと消費税の知識を頭に入れておくと、そのときにベストな選択ができるようになると思います!

私は、節約したいので、どんな食べ物の消費税も10%として考えています!

そうすると、自分が思ったよりお金を使っていないので、月末にお金が残って、ちょっとラッキーだなって思います笑。

ぜひ試してみてください笑。