【今から覚えよう】マイナポイントについて

2019年10月から2020年6月まで「キャッシュレス・消費者還元事業」が行われています。

このキャンペーンを機に、キャッシュレス決済を始めた人は多いと思われます。

 

しかし、2020年6月にこのキャンペーンが終了してしまうとおトクなポイント還元がなくなり不安になりませんか?

 

でも安心してください。

「キャッシュレス・消費者還元事業」が終了した後に新しいキャンぺーンが行われます。

 

それが、「マイナポイント事業」となります。

 

この記事では、新しいポイント「マイナポイント」についてまとめてみました。

 

マイナポイントとは

マイナポイントは国が行う消費活性化対策のひとつで、2020年9月から行われます。

マイナンバーカードとキャッシュレス決済を普及するのを目的としています。

これらの普及が目的ですので、マイナンバーカードを所持してなければいけません

 

対象となるキャッシュレス決済サービスはとても多く、2020年5月19日現在で211種類もあります

 

今後の審査や手続き次第でもっと増える可能性があります。

こんなにあれば普段使ってるキャッシュレス決済も対象になっているはずですね。

 

付与率

 

現在決定しているマイナポイントは「2万円のチャージまたは支払いに対して5,000円相当分のマイナポイントを付与」ということだけです。

 

2万円で5000円分のポイントが付与されるので実質25%のポイント付与率ですね。

しかし、ポイントが付与されるからって必要以上に浪費しないように注意しましょう

ポイントの付与は上限5000円と決まっているため、考えてお買い物する必要がありますね。

 

事前登録が必要

 

これまでの「キャッシュレス・消費者還元事業」は登録がなくても対象店舗でキャッシュレス決済をすればポイント還元が受けれました。

 

しかし、マイナポイントは事前に登録をしておかなければいけません

これを忘れているとポイント還元が受けられないので必ず登録しておきましょう。

 

マイナポイントの登録はこちらできます

登録は2020年7月からできるようになるので、2020年5月現在ではまだ登録できません。

 

マイナポイントは国から直接消費者に還元されるものではなく、キャッシュレス決済事業者から消費者に還元されます。

登録する際に普段よく使うキャッシュレス決済サービスを指定おけば多くの付与が受けられます。

 

マイナポイント登録方法

マイナポイントに登録するには次のものが必要になります。

  • マイナンバーカード
  • マイキーID
  • 使用するキャッシュレス決済サービス

マイナンバーカードはこれからも使う機会が増えると思いますので、持っていない人はこれを機に持つことをオススメします。

紙に印字された「通知カード」とは別物ですので注意してくださいね。

 

マイキーIDとは、マイナポイントの付与を受ける際に本人確認をするためのIDとなっています。

登録する際に、マイキーIDを発行することができます。

マイキーIDは任意の文字列に変更することができるので、セキュリティー強化のために自分が覚えやすいものに変更してください。

 

マイナポイントの付与を受ける大まかな流れは次のようになります。

 

マイナポイント登録方法
  1. マイナンバーカードを取得
  2. マイキーIDを登録
  3. マイナポイントのプラットフォームからキャッシュレス決済を選択
  4. チャージや決済金額に応じてポイントを付与

 

難しいことはないので、おトクにお買い物するために登録しておこう。

<まとめ>簡単に登録でき、付与率も大きくてメリットがいっぱい

おトクだけど、新しいことをするのは色々考えないといけないし、疲れますよね。

でも、その苦労に似合うメリットがこのマイナポイントにはあります。

2020年9月からおトクにお買い物するために、今から事前準備をしておこう。