【主要6ヵ国で比較】日本の携帯電話料金はホントに高いのか調べてみた!!

携帯電話 料金 品質

2020年9月16日、菅内閣が誕生しました。

そして、翌日17日に携帯電話料金の値下げについて言及がありました。

 

「国民の財産の電波の提供を受け、携帯電話の大手3社が9割の寡占状態を長年にわたり維持して、世界でも高い料金で、20パーセントもの営業利益を上げ続けている事実」

 

菅総理は世界と比較して、日本の携帯料金が高いと語っています。

 

“ぼく”

日本の携帯電話料金ってホントに高いの?

 

このような、疑問を持ちませんか?

この記事では、海外と日本の携帯電話料金を比較してみました。

 

携帯電話料金の値下げについて、詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです!

 

【菅政権誕生】携帯料金は値下げするのか!?【考察】

 

海外と日本の携帯電話料金の比較

携帯電話 料金 比較

今回の比較は、ICT総研が出しているデータを元に行います。

ICT総研の調査では、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、韓国の6か国の比較で行っています。

各国の携帯電話事業者の料金プランのデータは次のようになります。

 

出典:ICT総研

※ 2020年3月1日現在のデータ

※調査対象企業は、この通りです。

日本:NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、

アメリカ:Verizon、AT&T、T-mobile、Sprint、

イギリス:O2、EE、Vodafone、3、

フランス:Orange、Sosh、SFR、RED、Free、Bouygues、

ドイツ:O2、Blau、Vodafone、Otelo、Telekom、

韓国:SKT、KT、LGU+

※携帯電話料金は、各国の調査対象事業者の月額平均料金。一定期間を対象とする割引がある場合には、24ヶ月に平準化した数値。金額は「税込」を「購買力平価換算」で円通貨に換算した。

 

このデータを見てみると、欧州(イギリス、フランス、ドイツ)は携帯電話料金が低いですね。

また、アメリカと韓国は6か国の平均より高いです。

日本を見ていると、この6か国の平均値ぐらいになっています。

 

“ぼく”

ホントだ!日本の携帯電話料金は思っているほど高いものでもないんだね!

 

海外と日本の通信品質の比較

携帯 通信 品質

携帯電話料金だけ比較しても意味ないですね。

次に、通信品質についても比較してみます。

先ほどと同じで、ICT総研の調査結果を元に見ていきましょう。

 

通信品質比較
  1. 4G接続率
  2. ダウンロード通信速度

 

①4G接続率

出典:ICT総研

 

4G接続率を見てみると、次のようになります。

日本:98.5%

韓国:98.3%

アメリカ:96.1%

イギリス:89.2%

フランス:86.0%

ドイツ:85.8%

 

比較してみると、4G接続率は欧州が比較的悪く、アメリカ、韓国、日本は比較的良いと言えますね。

 

②ダウンロード通信速度

出典:ICT総研

 

ダウンロード通信速度を見ていると、次のようになります。

 

韓国:59.0Mbps

日本:49.3Mbps

ドイツ:28.7Mbps

フランス:28.6Mbps

アメリカ:26.7Mbps

イギリス:22.9Mbps

 

比較すると、韓国が一番で、次いで日本になっています。

2位と3位以下はかなり差がありますので、韓国と日本がすごい事がわかりますね

 

<まとめ>日本の通信回線は中程度の料金で高品質!!

まとめると、次のようになります。

  • 日本の料金は主要6か国の平均ぐらい(中程度の料金)
  • 4G接続率はトップ(高品質)
  • ダウンロード通信速度は2位(高品質)

このようにして比較して見てみると、日本の携帯電話料金は適性価格だと思いませんか?

“ぼく”

価格は適性だと思うけど、今より安くなるならうれしいけどな!

 

今以上に安くなるなら利用者は嬉しいですね!

今後の大手携帯電話会社(ドコモ、au、ソフトバンク)に期待ですね。

 

【菅政権誕生】携帯料金は値下げするのか!?【考察】