【株式投資】ナンピン買いに注意!

株式投資において、ナンピン買いばかりしてしまっていないでしょうか?

株価が下がるとついやってしまいがちなナンピン買いですが、実は注意点が多い買い方なんです。

そこで、この記事でナンピン買いの注意点について解説します。

 

具体的には、

  • ナンピン買いとは
  • ナンピン買いをしてしまう理由
  • ナンピン買い時に注意すべきこと

の順番に解説します。

 

ナンピン買いに気をつけることで、投資成績を上げられる可能性があります。

ぜひ、ご一読ください。

 

ナンピン買いとは?

ナンピン買いとは、保有している株式が下落した際に、追加購入をする株式投資の手法です。

平均取得単価を下げられるため、その後株価が回復した場合に利益を上げやすくなります。

読みどおり株価が回復するのであれば意味のある投資方法ですが、一方で追加購入後にさらに株価が下落した場合、損失が拡大してしまうので注意が必要となります。

 

ナンピン買いは、購入にあたってのお得感はあるのですが、リスクの高い手法です。

それではなぜ、投資家はナンピン買いをしてしまうのでしょうか?

 

ナンピン買いをしてしまう理由

  • アンカー効果
  • 配当率の上昇

 

ナンピン買いをしてしまう理由としては、上記の2点があげられます。

これらの影響で、株価が実際の価値よりも割安に感じられてしまい、追加購入してしまうのです。

 

アンカー効果

アンカー効果とは、株式購入後の株価の適正金額は関係なく、自分が購入したタイミングの株価が基準となってしまうことです。

購入時より株価が上昇するとより割高に感じ、株価が下落するとより割安に感じます。

そのため、株価が下落するとアンカー効果による割安感から追加購入してしまい、ナンピン買いにつながりやすいのです。

 

配当率の上昇

また、配当率も上昇することもナンピン買いの要因の1つです。

株価が下落することは、その分配当率が上昇することを意味します。

注意
配当率が高いと割安に感じられるのですが、ただ単に業績が悪く株価が低下して、結果的に配当率が高いという銘柄も多くあります。

 

ナンピン買いにあたって注意すること

最後に、ナンピン買いをする場合の注意点について解説します。

 

冷静にゼロペースで考える

上記で説明したアンカー効果などの影響で割安に見える場合でも、冷静に

“ぼく”

本当に銘柄で購入することは正しい判断なんだろうか?

を考え、業績に問題ないかを分析、確認することが大切です。

 

もし、今その株式を取得していない場合でも購入するか?を考えてみましょう。

 

一つの銘柄の比率に注意

「卵を一つのカゴに盛るな」という有名な投資の格言があります。

リスクを分散していれば、そのうちの1つに何らかの問題があったとしても、影響は少ないですよね。

株式投資において、リスク分散は大きな意味があります。

投資リスクに関する関連記事も、ぜひご参考ください!

【リスクとリターン】投資を始める前に知っておくこと

 

また、ナンピン買い後にさらに株価が下落する可能性もあります。

保有単元数が多いと下落のダメージも大きくなるので、そのリスクを取ってでも追加購入するべきなのか、考えるようにしましょう。

あらかじめ1つの銘柄は保有資産の○%までと決めておく、なども有効な対策です。

 

まとめ

ここまでナンピン買いについて解説してきました。

ついついリスクを取りすぎてしまっていた、という方も多かったのではないでしょうか?

 

リスクを正しく把握し、冷静に意思決定をしていくことが重要です。

是非参考にしていただき、今後の株式投資に役立ててください!

 

【投資初心者にもオススメ!】株主優待制度を活用しよう

【投資信託】リスクって何?リスクの種類とリターンとの関係をわかりやすく解説!