【年金】iDeCo(個人型確定拠出年金イデコ)とは メリット・デメリットについてわかりやすく解説します!

年金 個人型確定拠出年金 iDeCo

 

“ぼく”

高齢化がすすむと年金がもらえなくなるって聞いたけど本当なの〜(泣)

“マニーハッくん”

それは語弊があるけど年金について知っておくことは自分を守ることにつながるよ!

“マニーハッくん”

じゃあ今回はおすすめのiDeCo(個人型確定拠出年金イデコ)について解説するよ

“ぼく”

なにそれ〜?

iDeco(個人型確定拠出年金イデコ)は日本の年金制度の1種です。

加入者は毎月掛金を拠出し、保険や投資信託などの金融商品があり自身で運用していく年金です。

年金のため受け取りは60歳以降になります。

それではiDeCoについてわかりやすく解説していきます。

【知っておくべき】iDeCo(個人型確定拠出年金)の特徴・メリット

年金 個人型確定拠出年金 iDeCo

iDeCoの特徴・メリットについて主な3つのポイントを解説していきます。

1.税制優遇が受けられる

通常、定期預金や投資信託での利益には所得税と住民税を合わせて20.315%の税金がかかるのですが、

iDeCoによって出た利益に対しては原則として税金がかかりません

 

さらに年金を受取る際、一括の場合は退職所得控除、分割の場合は公的年金等控除を受けることがきます。

2.低コストの金融商品

iDecoでの投資信託の場合、大抵が購入手数料はかかりません

 

一般的に投資信託を購入すれば運用や管理についてはプロに任せることになるので、信託報酬というものが発生します。

信託報酬は手数料のようなものです。

 

これらを加味したとき、他に販売されている投資信託の費用と比較しても

低コストの商品が多いことはiDeCoの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

3.月5000円から

“ぼく”

なんとなくメリットはわかってきたけど、毎月積み立てていく余裕なんてないよ(泣)

“マニーハッくん”

それは大丈夫だよ!

iDeCoは毎月の拠出額は5000円からスタートすることができます。

なので毎月の生活費を切り崩す必要はなく、無理なく始められるんです!

 

気軽に始めやすいので、とてもおすすめです。

【気をつけるべき】iDeCo(個人型確定拠出年金)のデメリット

年金 確定拠出年金 iDeCo

iDeCoにおける主なデメリットは以下の2つです。

デメリット
  1. 加入時に手数料がかかる
  2. 運用がうまく行かなければ損をするリスクがある

加入時の手数料に関しては最初にかかるだけなので、そこまで重要視することではないと思います。

 

iDeCoでは加入者自身が金融商品を選び、運用していくので当然投資リスクはついてきます。

インターネットが発達した現在、投資についての学習ハードルは昔より格段に低くなっています。

最低限の投資の知識を持っておくことは重要なので勉強しましょう。

まとめ

今回の内容を以下のポイントにまとめます。

ポイント
  • 税制優遇を受けられる
  • 低コストの金融商品がそろっている
  • 月5000円から
  • 加入時には手数料がかかる
  • 運用次第で損する可能性も

iDeCoは投資リスクがともなうので慎重に検討することが必要ですが、

正しい知識をもっていれば高い確率で老後の生活を豊かにしてくれると思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

【年金破綻!?】年金運用で赤字?その状況とは?

【年金】結局いつから貰えば1番お得?

【貯金の目標にしよう!】日本人の純金融資産額の分布を見てみよう!