【お手軽に資産運用!】今話題のNISA!配当や期限は?非課税って本当?

 

 

“ぼく”

将来に向けて何も準備していないけど何かした方がいいのかなぁ??

 

今回はそんなあなたにぜひ知ってもらいたいお話です!!

資産形成なんてする必要あるの??

投資 NISA 初心者 目的

今の日本の現状

現代の日本は少子高齢化が先進国の中でもかなりひどい状況で、日本人の平均寿命は年々伸びてきています。

そんな現代日本において年金制度も当てにできるかわからなくなってきました・・・。

 

つまり老後のお金が足りなくなってしまうかもしれないということです。

 

“ぼく”

そんなこと言っても国が助けてくれるんでしょ??

“マニーハッくん”

国が何とかしてくれたらいいけど、そんな都合のいい話は無いんだ・・・。

“ぼく”

うそ・・・

 

老後資金2000万円問題

実際に金融庁も「老後資金は2000万円不足する」ということを発表しています。

この「老後資金2000万円問題」はとある夫婦(夫65歳・妻60歳)で夫婦どちらも無職であるという状況をもとに試算されています。

 

この試算では30年後もこの夫婦が生きていたとすれば、年金をもらっていたとしても1980万円(約2000万円)が不足するというものです。

 

これを金融庁が発表するということは国も「年金は当てにできない!」と言っているのと同じことです。

 

“ぼく”

今働いている世代は若いうちから資産の形成を行う必要があるんだね!

 

NISAとは?

NISA 投資 資産 資産運用 非課税 税金 配当

“マニーハッくん”

では老後に向けて資産をどのように形成していくのが良いと思う?

 

“ぼく”

とりあえず銀行に貯金かな・・・

 

“マニーハッくん”

って言いたくなるよね!でも実は貯金って賢い方法ではないんだ!

 

銀行に預けていても金利は定期預金ですら0.002%・・・。

10万円を1年預けても2円しか利息が付きません。

「お金が減っていないからいいじゃん!」って思うかもしれませんが、これって実はかなりリスクがあるんです。

 

今日本ではアベノミクスなどで物価上昇(インフレ)を実現させようとしています。

1個100円のものが10年後に120円になるという可能性があるのです。

つまり今の100円という価値が、未来の100円よりも低くなっているかもしれないということです。

 

このインフレのリスクを最大限にカバーして資産形成ができる制度がNISAなんです!

NISAは国が「お得に簡単に投資信託できる制度を作ったよ!年金で賄いきれない分は自分たちで何とかしてね!」というものです。

 

国がおすすめしているので税金の優遇を受けることができます!

1人1個までNISA口座を所有することができます。これは各銀行などで申し込みが可能です。

 

あとは投資信託と同様に資産を口座に預けて運用をするということになります。

NISAの一番大きなメリットはこの際配当金や売却益には税金がかかりません。

NISAでなければ約20パーセントの税金がかかるのでかなりお得に運用できます。

 

NISAの種類

NISA 資産運用 配当 税金 非課税 投資

NISAには次の3種類あります。

目的によっていずれかを選択します。

 

NISAの種類
  1. 一般NISA
  2. つみたてNISA
  3. ジュニアNISA

 

①一般NISA

1年間の非課税枠が120万円、非課税期間最長で5年のものになっています。

投資可能な商品はかなり豊富です。投資経験のある人にはおすすめのものになります。

 

②つみたてNISA

長期間の積み立て・分散投資を行えるもので1年間の非課税枠40万円、非課税期間最長で20年間のものになっています。

毎月少額で積み立てながら投資ができます。

投資可能な商品は少ないですが公募株式投資信託とETFになるので資産変動のリスクは抑えることができます。

 

③ジュニアNISA

0歳から19歳までの未成年者対象で親・祖父母などが代理をする形で最大400万円分の教育資金を投資を行うことができます。

1年間の非課税枠80万円、非課税期間最長で5年間のものになっています。

 

子供のための資産を残してあげたい方はおすすめです。

 

注意
元本保証はないので損が出ることも!投資先はしっかり考えた方が〇

さらに詳細はこちらをご確認ください!

 

まとめ

ポイント
  1. このままでは老後資金が2000万円不足するかも!
  2. だからこそ資産形成の必要あり!
  3. インフレに対応できるNISAで資産運用!
  4. 初心者でも投資がしやすく、税金の非課税優遇も!

 

リスクはあるものの、大きく変動するリスクはそこまでないのでこれから資産運用をしたいという方にはお勧めの制度です!

ぜひ早目からの準備を!

 

【ローリスク?】積立NISAは「安定した資産運用」になるの?【初心者向け】