【電気代節約】エアコンなしでも暖かい冬の過ごし方

プチテク

“ぼく”

寒い日ってどうしてもエアコンに頼りがちになるよね~

エアコンを付ければ部屋全体が暖かくなるので、寒い冬の日にはとても役に立ちます。

ただ、ネックになるのが電気代

冬になるとどうしてもエアコンを付けてしまうので、その分電気代が高くなる傾向があります。

“マニーハッくん”

エアコンよりも電気代が安く、さらに暖かく過ごせる方法はたくさんあるよ!

今回はエアコンなしでも快適に過ごせる方法をご紹介します。

【冬は注意】エアコンは電気使用量が高い

プチテク

エアコンは設定温度や風量、いつ作られたものかによっても電気使用量が大きく変わります。

エアコンなし快適に過ごせるのであれば、季節によって上下する電気代に振り回されることも少なくなるでしょう。

  1. ホットカーペットで底冷えから解放
  2. 電気ストーブの方が消費電力が少なく済むことも
  3. 侮れない、電気毛布の有用性
  4. 身体が冷える原因の1つ、内臓の冷え

ご自身の環境で取り入れやすいものがあるかもしれません。

1つずつ確認してみましょう。

ホットカーペットで底冷えから解放

ホットカーペットは、カーペットの中に電線を通し、その電線が発熱することで接している部分を温める効果があります。

“ぼく”

1時間当たりの平均電気代は、2畳タイプで5~10円程度!コストパフォーマンスは高いね!

ホットカーペットの大きさは、ご自身が普段座っている場所だけでも大丈夫です。

骨盤や下半身の血を温めることで、温かい血が全身をめぐり体感温度を上げることができます。

“マニーハッくん”

ホットカーペットに部屋全体を暖める効果はないけど、快適に過ごせるようになるよ!

電気ストーブの方が消費電力は少なく済むことも

ひとり暮らしや個室など、8畳程度の空間を暖めることが得意なのは、実は電気ストーブです。

電気ストーブの場合、1時間当たりの平均電気代は10~25円程度と、エアコンよりもコストを抑えることができます

注意
広い空間を温めるには時間がかかるため、場所によってはエアコンよりも消費電力が高くなることがあります。

部屋の広さによってエアコンとの使い分けをするのがいいかもしれません。

侮れない、電気毛布の有用性

電気毛布というと、寝るときに冷たい布団を温める役割として使用する方が多い家電です。

しかし最近は、ブランケットのように膝にかけたり、肩からかけて使用することができるタイプも多く販売されています。

“マニーハッくん”

電気毛布は、8時間程度使用しても平均電気代は1~2円程度とかなりハイパフォーマンスだよ!

普段の生活に取り入れることで電気代の節約に大きく貢献してくれます。

身体が冷える原因の1つ、内臓の冷え

寒いと感じる原因として、内臓の冷えも大きくかかわりがあることをご存知でしょうか。

いくら室温を暖かくしても、身体の内側が冷え切っていると「暖かい」と感じにくくなります。

  • 温かい飲み物をとる(特に白湯は内臓を温める効果が高い)
  • 湯船につかる
  • 身体を温める食材をとる(ショウガや辛い食べもの等)

これらを意識するだけで、室温を高くしなくても快適に過ごすことができるようになります。

エアコンなしでも温かい冬を

家の広さや日当たり、時間帯によって部屋の温度は上下します。

それぞれの家電が持つ特徴をおさえて、電気代を賢く節約しましょう♪

さらに、室温と湿度の関係を理解すれば効率的に暖かく過ごせます。

 

【無駄なく快適に過ごせる】室温と湿度の関係を知っておこう