【効果的なやり方】500円玉貯金の仕方と成功のためのコツを伝授!

“ぼく”

500円玉貯金って、どうやったら成功するんだろう?

100円ショップなどで売っている500円玉貯金箱は、手軽にはじめられて人気のある貯金方法です。

重さがあるため「貯まっている」という実感も湧きやすく、10万円や30万円などの目標額まで貯めると達成感があり、一度はやってみた人も多いのではないでしょうか。

しかし失敗している人も多く、途中でやめてしまった人、何度も挑戦しているけれど貯まらない人もいます。

今回は500円玉貯金のポイントを紹介してみましょう。

 郵便局で両替?500円玉貯金が失敗する理由

まず、一日一枚500円玉を貯金すると、いくらになるのか確認しておきましょう。一年を365日とすると、約18万円になります。

500円 × 365日 = 182,500円

また、1年で10万円貯めると計画した場合、1ヶ月で8千円以上貯める計算になります。

100,000円 ÷ 12ヶ月 = 8,333円

500円玉貯金の場合、手元にあるお金を貯金していくので、生活費からこの分を差し引くことになります。そう考えると、かなり大きな額ではないでしょうか。

なにも考えずに毎日一枚500円玉を入れていったら、月末にはお金がなくなった・・・という失敗もよくあるパターンなのです。

 

また余裕がなくなってくると「やらない理由」を探してしまうのが人間というものです。

「貯めても郵便局で両替しなきゃいけないし…」とか「だったら普通に使ったほうが良いんじゃ…」とか。

私も何度も考えました。笑

“ぼく”

でも、一度くらいは成功させたいよね。

 

効果的に500円玉を貯金するコツ

では、はじめての人や達成したことのない人でもできる、500円玉貯金の方法を考えてみましょう。

効果的に500円玉を貯金するコツ
  1. 長期計画を立てる
  2. なるべく意識から追い出す

長期計画を立てる

先に話したとおり、1年間で10万円貯めるには、1ヶ月8千円以上貯める必要があります。

しかし、計画を2年、3年・・・と伸ばしていくと、それだけ毎月の貯金額は少なくなります。

生活費の余剰分を貯金する、と考えた場合、1ヶ月1,500円~2,000円位が妥当ではないでしょうか。

これだと5,6年で達成できることになります。

なるべく意識から追い出す

家の中に貯金がある、と考えると、困ったとき貯金箱からお金を引き出してしまうことになります。

貯金額が目標に達するまでは、お金を入れる時以外は見えない場所に置き、その貯金箱を忘れてしまうようにしましょう。

特に注意したいのが、手に持たないこと。

数万円の貯金箱のズシリとした重さを感じると、なかなか意識から追いだすのが難しくなります。

 

500円玉貯金の本当の価値

“ぼく”

5,6年で10万円だと、たいした金額じゃないよね

実際にやってみると、500円玉貯金は思ったほどお金が貯まるわけではありません。

また、貯まったお金を両替しようと郵便局や銀行に持っていくと、手数料を取られるなど、デメリットもあります。

それでも浪費家の人などが、貯金体質に変わるためにはやる価値があると思います。

毎月ちょっとづつでも貯金ができるようになることが、浪費家からの脱出につながりますよ。