【年収はいくら?】在宅で働くプログラマー案件の探し方

在宅プログラマー 案件 年収

“ぼく”

在宅プログラマーとして働きたいんだけど・・・。

“マニーハッくん”

いいね!働くメリットや年収、案件の探し方を教えてあげるよ〜!

在宅・リモートワークで、働き方を変えてみませんか?

今回はプログラマーが在宅・リモートワークで働くメリットや年収、案件の探し方についてご紹介します!

プログラマーが在宅・リモートで仕事するメリット

在宅プログラマー メリット

(1)時間の有効活用がしやすい

在宅の場合は通勤にかかる時間がなくなるため、時間を有効活用しやすくなるでしょう。

また、スキルアップのための勉強をしたり、仕事の効率化を計ったり時間の調節もしやすくなるでしょう。

(2)自分のペースで案件に取り組める

在宅プログラマーは1人で業務をこなすことになるため、人間関係も最小限でおさまります。

自分のペースで仕事したい人や、1人で淡々と作業したい人に向いている働き方です。

(3)人間関係の悩みが軽減する

在宅プログラマーで使用するツールは、基本的にチャットやオンライン通話がメインになります。

在宅・リモートワークが急速に普及しているため、オンライン上でほとんど完結します。

直接人とやりとりを行う機会が大幅に減ります。

(4)成果報酬型が多く、高収入が期待できる

在宅プログラマーの案件は成果報酬型が多く、柔軟な働き方ができるでしょう。

また、期日までに提出すれば報酬が発生するので、スケジュールの調整がしやすいことが特徴です。

プログラマーの需要は高いため、高収入を目指せるでしょう。

在宅プログラマーの年収はいくら?

在宅プログラマー 年収

年齢やスキル、会社の規模にもよりますが、

プログラマーの年収は会社員の場合、400万円程度です。

IT業界はスキルや経験が評価されて年収が決まることが多いため、高年収を狙える業界です。

若くてもスキルや実績があれば、年収1,000万円超える人もいます。

在宅プログラマーは経験やスキルがあれば、高収入を目指せるでしょう。

【在宅・リモートワーク】プログラマー案件の探し方

在宅プログラマー 案件 探す

在宅・リモートワークプログラマーの案件の探し方は、大きく分けて3つの方法があります。

  • エージェントの利用
  • クラウドソーシングサービスの利用
  • 知り合いや友人から仕事を紹介してもらう

初心者プログラマーにオススメは、エージェントの利用です。

エージェントは、クライアントとの面倒なやりとりを代替りしてくれます。

クラウドソーシングサービスも、検索機能も分かりやすく在宅やリモート案件が見つけやすくオススメです。

また、次の案件も交渉次第で単価もアップできます。

ポートフォリオで実績やスキルが確認できるため、案件を探す際にはポートフォリオを充実させておきましょう。

【年収はいくら?】在宅で働くプログラマーの案件の探し方まとめ

今回は在宅・リモートで働くプログラマーのメリットや年収、案件探しをご紹介いたしました。

いかがでしたでしょうか?

在宅やリモートワークの案件が急増している今、働き方を変えるチャンスです!

【在宅・リモート】フリーランス案件の探し方

【未経験OK】副業Webライター始める方法と稼げるコツ!