【ポイント二重取り】QUICPayを使ってみたら感動した話【キャッシュレス】

ポイント 二重取り QUICPay

“ぼく”

キャッシュレス決済ってレジの前で色々と準備しなきゃいけないから逆に面倒くさいんじゃない?

「結局はお金をチャージして使わなきゃいけないから〜」「逆にめんどうなのでは?」など、

キャッシュレス決済に対してネガティブな意見って結構ありますよね。

私も以前はそう思っていたのですが、キャッシュレスデビューしてからというもの

「もう戻れない…」って感じです。笑

今回はできるだけお得にキャッシュレス決済を利用したいという方におすすめなQUICPayについて実体験を交えてご紹介します!

 

サービスの概要

ポイント 二重取り QUICPay

中村倫也さんのCMでおなじみのQUICPayは、JCBと当時のイオンクレジットサービスが共同で開発したサービスです。

2005年4月に開始され、現在に至るまで利用者を増やしていて、決済完了時に「QUICPay」と音が鳴るのが印象的ですね。

 

基本的にはクレジットカードと連携させて利用する形態になりますが、中にはクレジットカードを発行せずとも使うことができる場合もあります。

また、おサイフケータイやApple Pay、Google  Payに対応していて、スマートフォンから簡単に決済することが可能です。

現在ではドラッグストアやコンビニエンスストア、スーパーマーケットなど、多くの施設で使うことができるようになっています。

 

活用できそうな場面

QUICPayの特徴をまとめると、以下のようになります。

QUICPayの特徴
  1. スマートフォン一つで決済ができる
  2. ポイントの二重取りができる
  3. クレジットカードのポイントが還元率が反映される

手間がかからず、ポイントもたくさんもらえるサービスになっています。

実際に使っての感想

ポイント 二重取り QUICPay

実際にQUICPayを半年間使ってみました。

レジで一言「QUICPayでお願いします。」と伝え、スマートフォンをかざすだけで決済することができました。

本当に簡単で感動しました。

QUICPayの好きな点
  1. とにかく手軽
  2. ポイントがすぐに貯まる
  3. 導入も一瞬

 

とにかく手軽

一番大きな理由は、やはり手軽であることです。

バーコードを表示したり、残額を確かめたりする必要が全くなく、あっという間に決済することができます。

レジで後ろに人がたくさん並んでいる時でも、すぐに精算することができるため焦ることがありません。

またこれは他のキャッシュレス決済もそうかもしれませんが、スマートフォンだけで買い物をすることができるので荷物も減ります。

 

ポイントがすぐに貯まる

手軽さに加えて、同じくらいうれしいのがポイントが貯まることです。

Apple Payで、楽天で発行したJCBのクレジットカードを連携させています。

楽天でのポイント還元率がそのまま生かされるため、日常的に買い物をする度に楽天ポイントがさくさくと貯まります。

また、私の友達はnanacoと連携させているそうです。

そうするとnanacoポイントも二重で貯まり、さらにお得に使うことができます。

 

導入も一瞬

キャッシュレス決済ということで、連携させるのにも、色々と手間がかかるのかと思っていました。

しかし、実際にはApple Payにカードを登録し、あとは決済のときに「QUICPayでお願いします。」と伝えるだけで、本当に簡単でした。

 

QUICPayはおすすめできる?

ポイント 二重取り QUICPay

実際に使ってみて、あれこれと手間ひまかけず、買い物をするだけでメリットが発生することが本当にうれしかったため、正直かなりおすすめです。

 

QUICPayをおすすめできる人

実際に使ってみて、本当に手軽でポイントが貯まることにおどろきました。

決済の手軽さを重視する方、ポイントを貯めたい方にはQUICPayがおすすめだと感じました。

毎回の決済の度に、チャージや残高のことに頭を使ってしまう方にはかなりおすすめできます。

 

QUICPayをおすすめできない人

QUICPayの弱点は、インターネット上でのショッピング、外での利用をすることができないことです。

それゆえ、通販のほうがよく利用するという方にはあまりおすすめすることができないかもしれません。

 

上手に使えばお得なQUICPay

いかがでしたでしょうか。私にとっては、QUICPayはまさに求めていたキャッシュレス決済の形態でした。

手軽でポイントが貯まるQUICPay、ぜひ利用してみてください。