【お金持ちの考え方・習慣・行動】お金が貯まらない体質を変えよう!

お金持ち 習慣

毎日節約して頑張っているのになかなかお金が貯まらない、そんな方、結構いらっしゃるのではないですか。

“ぼく”

そんなに贅沢してないし、みんなと同じように普通に生活してるだけなのにあんまりお金が貯まらないんだよね。どうしたらいいのかなぁ?

人が自由に暮らすためにお金は必要不可欠です。

今現在、このような不安を抱えているという方は、今までのあなたの行動がその状況を生み出しているのです。

“マニーハッくん”

今より少しでもラクになりたいって思うなら、今の行動や習慣、考え方を変えなければいけないね。

では何をどう変えればよいのでしょうか。

最も簡単で誰にでも始められること、それは「お金持ちの行動や習慣をマネする」ことです。

裕福な人は物事を良い方向へ進める考え方や行動を知っています。

お金持ちの人がどんな考え方をしてどんな習慣を持っているのか、またお金が貯まらない人とはどんな違いがあるのかをみてみましょう。

習慣の大切さ

お金持ち 習慣

まずはお金持ちの行動の話の前に、習慣の大切さについてお伝えしたい事実があります。

アメリカ、デューク大学による

「人間はどれくらい習慣的な行動に支配されているか」

という研究では、

 

人生の約30%は寝ていて、人により差はありますが約45%が習慣的な行動であり、残りはたった25%程度だということです。

習慣的な行動ということは無意識に行っているということです。

ということはこの無意識の45%をより良いものにできれば、人生をかなり好転させることができるのではないかと考えられます。

また人は疲れたりストレスを感じると、普段習慣化された行動に支配されるといいます。

確かにそうですよね。疲れているときにわざわざ慣れないことに取り組んで頑張ろう!とはなかなかならないものです。

“マニーハッくん”

だけどその代わりに、お風呂とか歯磨きみたいに毎日当たり前にやっていることは、どんなに疲れていても無意識にやっているよね。

つまりきちんと習慣化されたことであれば、私たちは疲れていても無意識に行動することができるということです。

では次からぜひ取り入れたい、お金持ちの習慣や考え方についてみていきましょう。

お金持ちの習慣・行動・考え方

お金持ち 習慣

お金を使う基準がハッキリしている

よくよく考えたら大して欲しいものでもないのに、安いからという理由で買ってしまったなんてことはありませんか。

お金持ちはそれが、「消費・浪費・投資」のどれであるかを常に意識していて、無駄なことにお金は使いません。

お金持ちほど、倹約家であることが多いのです。

“マニーハッくん”

消費と浪費は極力抑えて、投資にたくさんお金を使うのがお金持ちだよ

投資とは将来リターンをもたらすもののことです。

お金持ちは自分のスキル向上や新しい経験、知識のためには惜しみなくお金を使いますし、世界経済の発展を見越して株式など金融商品への投資も行っています。

 

お金の貯まらない人は投資と思い込んで消費や浪費のリターンのないものにお金を使ってしまいがちです。

消費と浪費を抑えるポイントは、『自分を満足させる方法をよく知る』ということです。

自分は何が好きで、何があれば満足できて心が満たされるのか

モノはあればあるほどいいし、お金もあればあるほど不安が消えて安心できる。

そんな風に思ってはいないでしょうか。

残念ながら人間の欲望にはキリがありません。

自分が満足できる範囲、自分を満足させる方法を熟知し、他人と比較することをやめなければ、いつまで経っても心が満たされることはありません。

お金持ちの人は他人の価値観ではなく、自分がどうすれば満足するかを知っているので、自分の心を落ち着かせる方法を知っているのです。

あなたは自分を満足させる方法を知っていますか?

自分にとって何が大切か、今目の前にあるものは必要なものか、必要でないものかを自分基準で考える癖を付けましょう。

そうすることで少しずつですが、ものを見極める力がついていき、無駄なものにお金を使うことが減っていきます。

時間を何よりも大切にしている

1日24時間は万人に共通する平等なことですよね。

時間は有限であるからこそ、自分が何に時間を使っているのかを考えることが大切です。

お金が貯まらない人は、節約といいながら安いものばかりを買いますが、お金持ちは時間を短縮するためにお金を使います。

例えば

 

安い食材を買うためにスーパーを何件もはしごするくらいなら一か所で買った方が短い時間で済みます。

 

毎日30分お皿洗いをしているのであれば食洗器を買えば、一週間で210分、1ヶ月で900分(15時間)もの時間を節約できます。

あなたがやっていることが無駄とまでは言いませんが、誰がやってもいいようなことに時間をかける必要があるでしょうか。

“マニーハッくん”

時短できるものが買えたり、誰かに依頼できるんだったら、できた時間を自己投資に充てた方がよっぽど有意義だよね。

ポイントは普段当たり前のように使っている時間が一過性のものなのか、それとも将来自分にリターンがあるものなのかです。

誰がやってもいいようなことで日常が埋め尽くされ、毎日それをこなすだけで終わってしまっている人は、いつまでたっても生活が楽になることはありません。

どんなにお金があっても過ぎた時間を戻すことはできません。

 

『時間は資産』であることを認識して、自分が普段何に時間を使っているのか、この機会にぜひ一度書き出して見直してみて下さい。

勉強・読書を習慣的に行っている

あなたは最近、いつ勉強をしましたか?

お金持ちの人は普段から当たり前のように生涯学習を行っています。

平成28年度の総務省が行った調査では、社会人の1日の平均的な勉強時間(自己啓発・学習に割く時間)はたったの6分だそうです。

せっかく勉強を始めて6分で終わらせる人もあまりいないでしょうから、つまりはほとんどの人が勉強していなということです。

“マニーハッくん”

お金を稼ぎたい、貯めたいって思うんだったら、お金について詳しくならなきゃいけないよ。

お金持ちの多くは金融リテラシーが高く、どういうシステムでお金が動いていて経済が成り立っているのかを理解しています。

日本の義務教育では金融教育は行われていませんから、自分から学ぶ姿勢をとらなければお金の知識を教わることはありません。

残念ながら日本は大人になると勉強をしなくなる国ですが、見方を変えれば少しずつでも今から勉強を始めれば、それだけでその他大勢から一歩抜け出せるということです。

まずは今ある仕事でスキルアップするには何をしたらいいか、または副業で稼ぐにはどうすればいいか、お金が貯まらないのであればどうすればお金は貯まるのか、ご自分の状況に合わせて、今一番気になることから始めてみましょう。

読書のすすめ

読書も勉強の一つといえますが、イタリアの大学の研究では「読書量と年収にはかなり強い正の相関がある」といわれています。

ビジネスパーソンを対象に行った大規模な調査で、

 

20~30代の一般人は1年に3冊しか本を読まないのに対し、

30代で年収3000万円を超える人は1ヶ月に3冊も本を読むということが分かっています。

 

つまり12倍も読んでいる量に差があるということです。

ただ読書量を増やすだけで年収が上がるというわけではありませんが、そういう傾向があるということは読書量を増やしておいて損はないのではないでしょうか。

毎日忙しくて本なんか読めないという人はぜひ読書の時間を能動的に確保してみて下さい。

時間が空いたら本を読もうと受動的に考えていてはいつまでたっても時間は空きません。

「寝る前30分は本を読む」などと決めて、読書を習慣化することをおすすめします。

1日5分からでいいので初めてみましょう!

決断力がある

お金持ちは時間は資産であると認識していますから、迷っている時間がもったいないと考え、普段からなんでも早く決断を下します。

自分の中に判断基準をもっているので、どんどん決断して行動し、チャンスが来た時にもすぐに反応して成功に結び付けることができるのです

一方で判断力のない人はチャンスが来た時に「いや~、ちょっと考えます。」といって判断を先送りにすることでチャンスを逃してしまいます。

決断力を育てるのにも練習が必要です

日頃から早く決断することを意識してみましょう。

“ぼく”

たとえば小さなことだけど、レストランのメニューを早く決めてみるとか、毎朝服をさっと選んでみるとかね。

たとえその判断が失敗であったとしても、それはあなたの経験になるわけですから、自分の中での基準が一つ増えるということに繋がります。

また、そこで新たな発見があることもあるでしょう。

よくよく考えたら選ばないものでも、何となくでさっと選んだものがたまたま良いものだったといったように。

失敗を恐れずに結果をポジティブに捉えて、どんどん決断していきましょう!

“マニーハッくん”

それを繰り返すうちに自分の中で判断基準が育ってきて、徐々に精度が高まっていくよ。

もちろんこれはどうなんだろう?と思うような事柄に対しては、きちんと自分で調べて本当にそれに価値があるのか、たとえ失敗しても経験であったと捉えることができるかを判断しなければなりません。

 

全ては自己責任です。

疑問に思うことは徹底的に調べて、深く理解してから判断を下しましょう。

人は毎日たくさんの小さな決断を繰り返し行っています。

ぜひ普段から意識して早く決断するということをやってみて下さい。

結果的にチャンスをつかめる人間になっていきます。

まとめ

今回は、「人の行動の約45%は習慣であり、これをコントロールすることでお金持ち体質に近付きましょう」ということを取り上げました。

ご紹介した内容は、

マネしたいお金持ちの習慣・行動
  • お金を使う時は常に「消費・浪費・投資」のどれであるかを意識し、自分基準で必要かどうかを考え、将来リターンのあるものにお金を使いましょう。
  • 時間は資産と捉え、一過性のものや誰でもできることに関しては如何に時間短縮できるかを考え、将来リターンのあることに時間を使いましょう。
  • 勉強または読書を毎日習慣付けて能動的に行いましょう。
  • 普段から何でも早く決断するように意識しましょう。

以上4点です。

お金のあるなしは人の価値とは全く関係ありませんが、人生を豊かにするためにお金は必要不可欠なものです。

ぜひ今からすぐに取り入れて、お金が貯まらないこれまでの体質にさよならし、豊かな未来に向けて行動しましょう。

【自己投資】成功と失敗!あなたの努力は正しい?お金と時間を無駄にしないために!

【貯金は正しい?投資はすべき?】 社会人が学ぶべきお金の知識