【貯金は正しい?投資はすべき?】 社会人が学ぶべきお金の知識

貯金 投資 お金の知識

皆さんは何のために貯金をしていますか?

“ぼく”

車を買いたい!、子供の教育資金、老後の蓄え、
ただ何となく将来が不安だからetc…

ではそれらすべてがまかなえるだけの貯金をしている!またはそのように計画している!と自信を持っていえる人はどれほどいるでしょう。

また老後2000万円問題が金融庁から発表されたことから、漠然と不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

日本では義務教育でもお金の勉強を教わることはありません。

ですがお金の問題はこの貨幣経済で生きる上で、誰もが一生付き合っていかなければならない問題です。

今回はお金の知識を学ぶことの大切さについて考えていきたいと思います。

貯金は本当に安全?

貯金 投資 お金の知識

貯金も投資

昨今ではネット証券の普及により、株や債券など様々な金融商品に投資ができるようになりました。

あなたはそれら商品の特性を知り、理解した上で貯金という選択肢を選んだといえますか?

“マニーハッくん”

ただ何となく将来に向けて貯金が1番安全で安心だと思ってないかな?

“ぼく”

え~、だって投資なんて怖いし、

ギャンブルと一緒でしょ?

確かに子供のころ、お年玉を貯金すると「偉いね~」なんて褒められたことがあるかもしれません。

ですが現在では様々な選択肢があることから、貯金とは現金という形で日本円に投資している、といえると思います。

では日本円に投資するとはどういうことでしょうか?

日本という国は人口減少が進み、今後もっと少子高齢化が進むと予想されています。

この国の日本円という資産があなたにとって本当に1番安全安心に投資できる商品だといえるでしょうか。

現金の価値は常に変動している

現金資産のデメリットはインフレに弱いということです。

つまり物価が上がると物の価値が上がって現金の価値は下がるということ。

近年20年間で日本の消費物価指数はほとんど横這いで上昇していません。

ですから私たちはインフレをあまり体感していないので、貯金が安全な資産であると思えるのも仕方のないことかもしれません。

ではインフレはこれからも進まないといえるでしょうか?

今後消費税や教育費は上昇する可能性が十分に考えられますし、国自体もインフレを目指し、日銀は前年比2%のインフレ上昇を目指して運営されています。

もし仮に2%のインフレが毎年進んだとすれば、現在貯金している100万円が10年後には81.7万円、20年後には66.7万円の価値になってしまうということです。

このように貯金というのは額面上は変化がなくても、インフレが進むと価値はどんどん下がっていってしまうのです。

 

また世界に目を向けると国際通貨の円としての上下もあります。

円高・円安というものですね。常に円とドルの交換比率は変わっているということです。

つまり私たちが普段一定だと思っている現金・貯金の価値は、常に変動しているということです。

“ぼく”

貯金だけをしているとその価値は下がっていってしまうということは分かったけど、だったらどうすればいいの?

“マニーハッくん”

現金も株も債券も常にその価値は変動しているわけだから、日本円だけでなく海外資産を持つことで資産を分散させることが安定につながるんだよ。

老後2000万円問題

貯金 投資 お金の知識

最近話題になった老後2000万円問題とは、

“マニーハッくん”

老後に2000万円生活費が足りなくなるので、自分たちでなんとか準備してくださいねという話。

この2000万円という金額、単純計算で毎月8万円を20年間貯めなければならないということです。

“ぼく”

毎月8万円も貯められるかなぁ
MEMO
更に追い打ちをかけるように、これから年金受給額は減少することが予想され、バブルの頃には6%だった銀行金利も今では0.001%。
また終身雇用制度は崩壊し、年功序列で年を取れば高い給与がもらえるという世界も終わりに近づいています。

これらのことから、給与からの貯金だけで全てがまかなえるという時代は終わったと認識しなければなりません。

一方で普遍的なものとして、長期でみれば世界経済は新しい技術が次々に生まれ、人類の発展と共に今後も右肩上がりに発展していくと考えられます。

“マニーハッくん”

世界経済の発展の恩恵を受けられるインデックス投資・株式投資は今後も伸びていくといえるね。

投資はそんなに怖くない

貯金 投資 お金の知識

現在は昔と違って投資がしやすい環境が整ってきました。

投資環境
  1. 証券会社に行かなくてもスマホ一つで投資ができるようになった。
  2. 手数料が引き下げられ沢山の優良商品に投資できるようになっている。
  3. 国がNISAや積立NISA、iDeCoなど長期の資産形成に有利な非課税投資制度を設けている。

老後に向けた資産形成は基本的に長期ということになります。だからこそ長い目でみれば貯金はインフレに対応できないことが考えられます。

そしてインデックス投資は、10年以上の長期で行うと元本割れのリスクが非常に低く、高いリターンを得られるということが考えられています。

 

この記事は 貯金=悪、投資をしましょう!といっているわけではありません。

貯金は急な出費や近い将来の備えとして必ず必要なものですし、生活の安定や安心のためにも大切なものです。

“マニーハッくん”

年齢や各々のライフプランにあわせて、貯金と投資のバランスを考えることが大切だね。

貯金が全て正しいという時代は終わりました。

私たちの頭の中もアップデートして常にアンテナをはり、時代に合ったお金の知識を身につけることが、人生を豊かにし、自分や家族の将来のためになるのではないでしょうか。

この記事が皆さんのお金の勉強を始めるきっかけになってもらえたら幸いです。

【お金でお金を生み出そう】積み立て投資で資産を増やそう

【ローリスク?】積立NISAは「安定した資産運用」になるの?【初心者向け】