秘書検定の合格率と難易度【3級もメリットあり】

秘書検定 難易度 合格率

 

“ぼく”

就活に有利な資格がほしいけど、特にやりたいこともないからなぁ

“マニーハッくん”

それなら秘書検定がおすすめだよ!

 

秘書検定は、社会人にとって必要なスキルが身に着けることができ、またそのスキルの証明になります!

そのため、やりたいことが決まってないけど、資格が欲しい方におすすめの資格なんです!

秘書検定の資格について、難易度などを含め説明していきます。

秘書検定3級と2級の難易度と合格率

秘書検定 難易度 合格率

3級は、一般常識や基本的なビジネスマナーについて問われます。

合格率は、65~70%程となっています。

かなり合格率は高いので、挑戦しやすいと思います!

 

2級は、電話対応や接客、仕事の優先順位のつけ方が求められます。

3級に比べると、応用力が求められるようになります。

合格率は50~60%程です。

秘書検定の取得メリット

秘書検定 難易度 合格率

秘書検定で身につくスキル

秘書検定は、その名の通り秘書に求められる知識や技能について問う試験です。

しかし秘書検定は、社会人にとって必要なスキルも身に着けることができます。

そのため、どんな方でも取っておいて損がない資格だと言えるでしょう。

 

主に身につくスキルはこちらです。

秘書検定で身につく社会人スキル
  1. 正しい敬語の使い方
  2. 身だしなみ
  3. 一般常識
  4. 電話応対
  5. ビジネス文書の作成
  6. 周りのサポートをする力

このように、一社会人としての欠かせないことを学ぶことができます。

 

2級の取得がオススメ

秘書検定には3級、2級、準1級、1級があります。

本格的に秘書を目指す方以外は、2級を取得していると、きちんとしたビジネススキルがあると、アピールすることができます。

そして、2級までは面接試験がなく、筆記試験のみでの受験で合否が決まります。

9割がマークシートで、1割が記述問題になっています。

そのため、しっかり対策をすれば、確実に合格することができます。

秘書検定でビジネススキルをアピールしよう!

秘書検定を所得すると一般的なマナーを身に着けられ、就職にも有利に働くことがわかりました。

とにかく資格を持ちたいと考える方に、おすすめできる資格です。

まずは、秘書検定に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

【お金持ちへの第一歩?】簿記を取得するメリット

【恥ずかしい?】MOS資格を履歴書に記載する必要性