【生命保険】加入すべき保険の見分け方

今回お伝えするのは、死亡した時の保険

いわゆる生命保険(死亡保険)というものになります。

生命保険の考え方・加入すべき保険の見分け方について勉強していきましょう。

生命保険の考え方

前提として、保険というのは

儲けるものではなく、残された遺族の生活費の補填をするもの

と考えていきます。

なので今入っている保険が

貯蓄型だろうと掛け捨て型だろうと

そんな事はどっちでもよくて

残された遺族の生活費が賄える保険に加入しましょう。

ということです。

 

必要な保険金額

まずは、必要な保険金額を考えていきましょう。

今現在あなたが亡くなった場合

残された遺族の今後の生活費を計算して

そこから

今現在の貯蓄額、残された遺族の今後の収入、遺族年金など

差し引いた額が必要な保険金額になります。

 

例えば

残された遺族の今後の生活費を計算したら

1億円必要だったとします。

今現在の貯蓄額、残された遺族の今後の収入、遺族年金など

これらを全部合わせたら8千万円になりました。

そうすると2千万円足りませんよね。

2千万円あれば残された遺族も安心して生活ができるようになるので

死亡時に2千万円の保険金額を貰える保険に加入すべき

ということになります。

 

逆に

残された遺族の今後の生活費が1億円かかるとしても

今現在の貯蓄額が3億円ある場合は

遺族の生活費を余裕で賄えますよね。

となると死亡時の保険金額は必要ないということになります。

あなたが必要とする保険とは

3つの世帯を例にあげて紹介していきます。

 

4人家族の現役世帯の場合

大黒柱の方が亡くなったら

残された遺族の生活費や子どもの養育費が

今後どんどんかかってくると思いますので

保険金がたくさん貰える保険が必要になってきます。

 

共働き世帯で子供がいなかった場合

旦那さんの方が仮に亡くなったとしても

奥さんの収入で生活できるなら保険は不要です。

 

独身の方の場合

本人の収入が無くなっても困る人はいないので保険は不要です。

ただ、親・兄弟にずっと仕送りをしてる

自分が亡くなったら親兄弟が飢え死にしてしまう

そういう状況であれば保険が必要になってきます。

MEMO

残された遺族が保険金をどれくらい必要としているかによって、入るか入らないか決めていきましょう。

適切な保険を見極めよう

4人家族で2人子供がいる世帯を例にあげてみましょう。

世帯主は30代で、亡くなったら1千万円くらい貰える終身保険に入っていたとします。

しかし、1千万円貰ったとしても正直焼け石に水程度ですよね。

残された遺族の生活費や子供の養育費など、とても賄える感じではありません。

 

見直し

今亡くなった時に5千万円くらい貰えて、5060歳くらいで亡くなった場合は5百万円くらい貰える収入保障保険に変えてみましょう。

これなら、今でも手厚く貰えるし、20年後でも子供が独立している状態なら5百万円でも全然問題ありませんよね。

さらに、この保険に変えたら保険料は1万円くらい安くなりました。

必要な保険に入っただけなのに固定費を削減する事ができました。

 

MEMO

適切な保険を見極めることで

もしもの時に、しっかりと保障されるのはもちろん

無駄な固定費の削減にもつながっていくのです。

 

保険の見直しをまだされていない方は

今、大黒柱の方が亡くなったときに残された遺族の生活費、遺族年金、貯蓄額、保険金を計算してみて

その保険金額で本当に生活費が賄えるのかどうかというのを検討してみるのはいかがでしょうか。

 

まとめ

生命保険はそもそも残された遺族の生活費の補填をするものです。

今現在あなたが亡くなった場合残された遺族が今後安心して生活できる保険金額を計算して適切な保険を見極めましょう。

そうすることによって、無駄な固定費を削減することができスリムな家計作れるようになるでしょう。