【税金】税額は?どう求めるの?住民税をざっくり解説!

税金 住民税 会社員

“ぼく”

給料明細に住民税があったんだけど何なのかなー?

“マニーハッくん”

じゃあ今回は住民税について解説するよ!

会社員の方なら給料明細を見ていると

住民税の項目があり、税額が高いなと感じた人は

たくさんいると思います。

今回はそんな住民税の疑問をわかりやすく解説致しますので

ぜひ読んでみてください。

住民税って何なの?

税金 住民税 計算

住民税は所得割均等割からなる税金です。

 

住民税には都道府県や市町村の行政サービスの費用

住民自身にも負担してもらおうという目的があります。

地域の公共サービスの維持、向上のために住民税を払っていると思えば、

税額が高いと不満を抱くことはないでしょう。

住民税の計算

住民税の税額は所得割額と均等割額の合計です。

所得割額、均等割額については下記で解説します。

所得割額とは

所得割額は所得割の金額に応じて決まる住民税額で

基本的に所得税の計算方法と同じです。

税率の部分は所得税の場合、所得により変わりますが、

住民税は一律で10%となります。

均等割額とは

均等割額は所得割額のように変動するものではなく

固定で定められた住民税額です。

 

現在は基本的に2種類あり、

市町村民税の均等割額が全国一律で3500円

都道府県民税の均等割額が1500円となっています。

【地域によって違う?】住民税の所得割、均等割

“ぼく”

地域によって違いなどはあるのかな〜?

大半の地域の住民税の税率は市町村民税が6%、都道府県民税が4%で計10%となっています。

それぞれの割合が違う地域もありますが、10%と覚えていて差し支えないと思います。

 

一方で注意したいのが均等割です。

こちらは「住民税って何なの?」で解説したとおり、

計5000円が基本となるのですが、森林環境税として300~500円が上乗せされる地域が

数カ所あります。

また、他の税が上乗せれている場合もあるので

ご自身の地域の市役所やホームページを確認してみるといいでしょう。

ただ、地域によって税額が違っても数百円ほどの違いなので気にするほどではないと思います。

まとめ

今回の記事のポイントを下記にまとめます。

住民税のポイント
  • 住民税額は所得割額と均等割額の合計
  • 住民税率は一律で10%
  • 均等割額は市町村民税3500円、都道府県民税1500円
  • 地域差が多少ある

最後まで読んでくださりありがとうございました!

【給料を守ろう!】税金を知ってしっかり節税しよう!

【所得税が戻ってくる?】年末調整の仕組み キホンのキ

【節税】サラリーマンにも節税はできるの?控除を使いまくれ!