【住民税や所得税払いすぎ??】控除を利用した会社員の節税術

 

“ぼく”

税金が高すぎてあまりお金がたまらないよ〜・・・

 

“マニーハッくん”

節税」はしてないの??

 

“ぼく”

え!「節税」ってなに?

 

誰しもが税金を払っていますよね。

少しでも税金の負担を減らしていきたいものです。

実はこの税金にも節約できる方法があります!

今回はそんな「節税」についてのお話をしていきます!

 

節税について

節税 控除 会社員 所得税 住民税

“ぼく”

税金を節約ってそれ違法にならないの?つかまりたくないよ!

 

“マニーハッくん”

大丈夫!安心して!何も問題は無いよ!

 

「節税」というと何か違法な行為や脱税でしているのではないかと不安になる方もいますが、れっきとした資産を賢くもつ手段です。

ではまず「節税」とはどういったものを指すのかをご説明します!

 

節税とは

節税とは税制上のシステムを使って賢く適切に税金を支払っていくということです。

 

つまりは、システムをしっかり考えて税金を払いすぎないようにしていくことが「節税」なのです。

そのため適切に支払っている限りは「脱税」のような違法行為にはなりません。

 

節税をする際に利用する税制上のシステム

この節税では基本的に以下の2つのシステムを利用します。

 

  1. 控除の利用【会社員】
  2. 経費の計上【個人事業主】

 

基本的に会社員の方は「控除」を利用して節税していくことになります。

この控除というのは課税の対象となる所得金額を一定金額減らすという制度です。

つまりある条件を満たせば所得金額が実際よりも少ないことになり税金の額も減らすことができるというものです。

 

 

会社員におすすめする節税術3選

控除と一口に言っても何をどうすればいいか難しいところですよね。

種類もたくさんあって非常にややこしいです。

今回は実際に簡単に控除を利用してお得になる方法を3つご紹介します。

 

①ふるさと納税で節税

ふるさと納税とは、自分自身で全国の自治体から好きな寄付先(納税先)を選んで納税する制度です。

 

このふるさと納税は寄付と同じように税制上は扱います(寄附金控除)

普通の寄付であれば2000円を除いて全額が戻るわけではありません。

ふるさと納税では自己負担額の2000円を除いた全額が控除対象となります。

 

また、このふるさと納税という制度は「返礼品」というものがお得でもあります。

各自治体の特産品などがお礼で送られてくる自治体もあり楽しみながら節税ができます。

 

②医療費控除で節税

自分自身の医療費や家族の医療費を年間で10万円以上支払った際には「医療費控除」という控除を受けることができます。

 

家族全体であれば10万円行っている家庭も多いのではないでしょうか。

この医療費の対象となるものはかなり広いため必ず領収書などは手元に置いておきましょう。

 

人間ドッグ・健康診断などは医療費控除にならないので注意です!

 

③iDecoで節税

iDeco(イデコ)とは個人型の確定拠出年金のことです。

 

この制度は毎月の積み立てていく掛け金が所得の控除になる制度です。

つまりこの制度で資産形成をすると所得税と住民税がお得になるというものです。

資産形成をしながら控除を受けて節税できるのは魅力的ですね。

 

 

注意
ここで紹介したものは全て会社での年末調整以外に自分で確定申告にいく必要があります!

まとめ:会社員の節税は控除を使って賢く!

ポイント
  • 節税は違法では無い!
  • 会社員も控除をうまく使えば節税はできる!
  • その方法は「ふるさと納税」「医療費控除で節税」「iDecoで節税」の3つ!
  • 全て確定申告にいく必要があるので関連書類は保管が必須!

 

いかがでしたでしょうか?

税金もただ払うのではなく、考えて払っていくべきですね。

みなさんも是非簡単に始められるこの節税をスタートしてみてはいかがでしょうか!

【控除を使いこなす】個人でできる節税をご紹介!

 

【税金】税額は?どう求めるの?住民税をざっくり解説!