時間とお金の換算をやろう!!!お金のセンスを身につけよう!!!

“ぼく”

今週末大阪に旅行に行くんだ!!楽しみだ〜〜〜!!!

“マニーハッくん”

良いな〜!東京から飛行機で行くの??

“ぼく”

いや、バスで行くよ!!バスの方が安いし

“マニーハッくん”

本当にそうかな??一度考えてみようよ。

お金と時間の換算をしてみよう!

毎日毎日、お金も時間も足りないな〜と思っていませんか?

お金を節約すれば時間はあっという間になくなるし、自分の時間を作ろうと思うと、お金を使わないといけませんよね?

そんな人は、お金と時間の換算を考えるようにしましょうよ!

お金と時間の換算ってどうやるの? と思いますよね。

これは時間をお金を使って考える。または、お金を時間を使って考えるということです。

これができるようになると、

  • お金を稼げるようになる
  • 効率的に時間を使えるようになる
  • 充実した生活を送ることができる

とうメリットがあります。

私はこの考え方を身につけてから、

  • 自分の時間がたくさん作れるようになった
  • お金を有意義に使えている気がする(笑)
  • 節約することと、お金を使うべきことの区別ができるようになり、生活中に悩むことが減った

など、良いことばかりです。

ぜひ身につけてください!

より具体的に、東京→大阪行きのバスを例として考えてみましょう

東京発、大阪行きの深夜バスの料金は、約7000円です。(金曜日、午後10時発の値段)

移動時間は約10時間。 こんなにもバスに乗っていたら肩も凝るし、移動するだけでかなり疲れますよね?楽しみな旅行なのに、始まる前から疲れてしまうのはもったいなくないですか?

それに対し、飛行機だと約14000円。倍の値段がしますね。

倍の値段がするからバスで行くの方が良いのでしょうか?

東京→大阪の飛行機の時間は1時間

東京から大阪まで飛行機だと1時間で行けるんです!!!!!!!

めちゃめちゃ早いですよね???

  • 東京→大阪行きのバスは10時間で約7000円
  • 東京→大阪行きの飛行機は1時間で約14000円

バスと飛行機の移動時間の差は約9時間です。

9時間の差で金額は7000円ですよね。

この9時間、副業をしたり、アルバイトをすれば簡単に大阪行きの飛行機代が出せるようになりますよね????

つまり、バスで行くより飛行機で行った方がお得であると言えると思います。

これがお金と時間の換算をするということです。

この世にある物、サービスは全てお金と時間との換算ができます。

具体例を出します。

お金はかかるが時間はかからない物。

例)

  • コンビニ、レストランの食事
  • タクシー、電車、飛行機
  • ジムの入会費、年会費

お金はかからないが時間がかかる物。

例)

  • 自炊
  • 徒歩の移動
  • 自宅でのトレーニング

この換算が上手にできる人のことをお金の使い方が上手い。お金のセンスがある。というわけです。

このセンスは必ず鍛えることができます。

まとめ
  • この世の全てのもの、サービスはお金と時間で換算できる
  • この換算が出来る人ははお金の使い方が上手い、時間の使い方が上手いと言われる
  • 誰でも鍛えることができる

お金のセンスをどうやって鍛えるのか?

お金のセンスの鍛え方はとてもシンプルです。

  • いつも使っているものの値段を調べる
  • お金と時間を比較する

の二つだけです!

順番に説明します。

いつも使っているものの値段を調べる

自分がよく使うもの、サービスの値段を調べてみましょう。

例えば、ケータイを充電する時やエアコンの電気代です。

食べ物や服を買ったりする時の値段を見るのは当たり前ですが。。笑

改めて、どれくらいのお金を何に使っているかを明確にしてみましょう。

このときに役立つのが家計簿アプリです。

出費を記録するだけでなく、自分が何にどのくらいお金を使っているのかを記録できる最も簡単な方法なので、ぜひ使ってみてください。

ちなみに、家計簿アプリを使うだけで節約しようという心理効果も働くので一石二鳥かもしれませんね!

お金と時間を比較する

そして値段を確認した後に、どのくらいの時間があれば自分が同じものを作ったり、サービスを提供できるかを考えてみましょう。

例えば、コンビニのおにぎりを150円で買うとき、自分がこのおにぎりを作るとき、何分でできるかを考えてみてください。

おにぎり一個を作るには、お米を買ってきて、ご飯を炊いて、おにぎりを作って、食べて、後始末をする。

という作業をする必要があります。

この作業にかかる時間が150円以上なら、おにぎりを買った方がいいですし、そうで無いと思うなら、買わない方がいいと思います。

私は、毎日の自炊でかかる時間を本を読んだり、勉強をする時間に当てた方が得だと思っているので、1日700円を食費に使うと決めています。

このように、お金を支払うことで得をする時間に何か他の価値あることに費やせると考えると、お金を払うことは必ずしも「悪」というわけでは無いと思っています。

  • お金と時間の関係を少しずつ勉強していこう
  • 必ず誰でもお金と時間のセンスは身につく

お金持ちになるにはお金と時間のセンスを身につければいい???

今の時代、副業をすることがスタンダードになってきていますし、お金を使って時間を得て、その期間で使ったお金以上に稼ぐことができれば、すぐにでもお金持ちになれると思いませんか?

ここまで分かると、企業の社長や、大富豪と呼ばれる人たちが稼げる理由がわかってきませんか?

そうなんです、お金持ちの人はみんな、お金と時間の比較が上手い人たちなんです。

お金持ちは時間をお金で買って、その時間に大量のお金を稼ぐことで大金を手にしているんです。

時間は誰しも平等です

私もあなたも大富豪も1日は24時間なのです。

しかし、お金は無限にあります

有限の時間と無限のお金を比べるというのは不思議なことかもしれませんが、これは可能なんです。

時間をお金で買うようになればあなたの人生はバラ色に彩られるでしょう!

ぜひこのことを考えながら生活してみてください。

  • お金は無限、時間は有限
  • 有限なものにお金を使って、無限の喜びと人生を手にしよう!