【フリーランス年収相場は?】Webデザイナーに必要なスキル

フリーランス Webデザイナー 年収相場

“ぼく”

フリーランスでWebデザイナーに必要なスキルや年収相場を知りたいな!

“マニーハッくん”

稼ぐにはスキルが必要だよね!今回詳しく紹介するよ〜!

近頃、在宅やリモートワークが増加してる中、フリーランスになる人も増えてきています。

Webデザイナーの中には、フリーランスとして独立し、高収入を得ている人が多くいます。

そこで今回は、Webデザイナーがフリーランスで求められるスキルや年収相場について、詳しく紹介します!

【稼ぐフリーランス】Webデザイナーの求められる必要スキルとは?

フリーランス スキル

(1)デザインスキル

デザインはセンスだと言われがちですが、

Webデザイナーの場合はデザインを「どうしてなのか」クライアントに説明できることが大切です。

ポイント
課題解決や目的を達成するためにはどのようなデザインが最適か、を考えながら作業していくと、デザインスキルが身についてきますよ!

(2)UI/UXを設計の企画力

クライアントはWeb制作の専門家ではないことが多いため、意見がまとまっていなかったり、迷っている場合が多くあります。

企画力の高いWebデザイナーは、さまざまな意見を集約して、プロジェクト全体の方向性をまとめることが求められます。

ポイント
Webサイトの目的は何なのか、コンバージョンポイントはどうするのかなど、「企画力」が必要になってきますよ!

(3)「HTML」「CSS」のスキル

HTMLやCSSは、デザインとのセットの案件が多くあります。

webデザイナーとして、フリーランスで活動するには習得しておくと良いスキルです。

ポイント
企画によっては難易度の高いコーディングを行わなければいけない場合もあるため、どんな案件を受注しても良いようスキルアップのために勉強しておきましょう!

(4)「JavaScript」「PHP」などの言語スキル

Webデザイナーとして仕事をする上で、

HTMLやCSS以外にもJavaScriptやPHPなどの言語スキルが必要になる場面もあります。

ポイント
プログラミング言語のスキルを習得することで、仕事の幅は確実に広がるため、他のwebデザイナーとの差をつけることができますよ!

【Webデザイナー】フリーランスの年収相場はどれくらい?

フリーランス 年収相場

日本国内で、Webデザイナーの年収相場は約300万〜400万円と言われています。

経験や扱えるスキルの豊富さにより変化しますが、JavaScriptやPHPなどのスキルや、

アクセス解析、SEOなどのWebマーケティングの知識もあると、年収が上がる傾向にあります。

独立しフリーランスになれば年収相場は約1,000万円と言われています。

安定して案件を受注するには?
フリーランスは収入が安定しなく年収が不安定な職に見えますが、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングやエージェントサービスを利用すれば安定して案件が受注できます!

【フリーランス年収相場は?】Webデザイナーに必要なスキルまとめ

今回はフリーランスのWebデザイナーに必要なスキルや年収相場をご紹介いたしました。

いかがでしたでしょうか?必要に応じてスキルの習得をしておくと年収アップに繋がりますよ!

【未経験でもOK!】副業でWebデザイナー

【在宅・リモート】フリーランス案件の探し方