【クラウドソーシング】未経験でもライティングで稼げる?その仕組みは?【副業】

ウェブライティング 稼げる 副業

ネット副業で、サラリーマンや家庭の主婦にお勧めなものの一つとして、ライティングの仕事があります。

このライティングの副業は、一般的にクラウドソーシングと呼ばれるサイトに登録すれば、誰でも始める事が可能です。

 

ライティングと言っても、基本的に意味が分かる日本語を書く事が出来れば、誰もが副業としての収入を得ることができちゃいます。

今回はライティングで収入が生まれる仕組みと、実際にやってみてわかったことをまとめます!

 

クラウドソーシング?ライティング?

副業 クラウドソーシング ライティング

まずクラウドソーシングというものですが、ネットで完結する仕事を中心に、短期・長期に関わらず色々な仕事を行うものです。

クライアントはやってほしい仕事の募集を出し、スキルを持った人はそれに応募し、仕事を受注するという仕組みですね。

注意

金額は割の良いものもたくさん存在しますが、報酬の20%程度はサイトの手数料(システム料)として差し引かれてしまいます。

 

副業としてのライティングについて

さて、ライティングについてですが、ノースキルや未経験の方がクラウドソーシングで稼ごうと思ったら、一番多いのがライティングです。

“マニーハッくん”

他の仕事に比べてライティングは「未経験OK」としているクライアントが多く、ハードルはかなり低いんだよね!

もちろん報酬はちゃんと貰えるので、ハードルの低い副業として成立するというわけですね。

単価は高いとは言えませんが、自分の文章に値段がつくというのはなかなか面白い体験です。

ライティングのポイント
  • ライティングは未経験・ノースキルでも始められる
  • 未経験の場合、文字単価は0.1円〜0.5円が相場
  • 受注以外にも自分で企画したコラム記事を販売する事も可能

 

「副業としてのライティング」で期待できる収益は?

副業 クラウドソーシング ライティング

最初こそ単価は低いですが、実績を積むと文字単価1円〜というのも十分にありえます。

そうなれば、通勤のスキマ時間にやるだけで月に1~2万円を稼ぐ事は可能です。(実体験から)

時給に換算すると500円を下回るようなこともありますが(特に最初は)、スキマ時間の有効活用と考えれば悪くはないでしょう。

 

「副業としてのライティング」コスパは実際どう?

最初のうちは時給換算で500〜1000円といった感じですかね。

クライアントとの良好な関係を築くことができると優良案件も回ってきたりするので、そうなれば収入はウナギノボリです。

 

かける時間は「スキマ時間」で十分なので、後は「どれだけ本気で取り組むか」でけっこう大きく変わってくると思います。

特にクライアントとの関係づくりとかは。

ライティングのポイント
  • ライティングは未経験・ノースキルでも始められる
  • 未経験の場合、文字単価は0.1円〜0.5円が相場
  • 受注以外にも自分で企画したコラム記事を販売する事も可能

 

ライティングの仕組みは実はシンプル

ライティングの仕事と言うと、自分には文才がないからと尻込みされる方も居られます。

しかし、多くはですます調で相手に正しく意味が伝わる文章が書ければ誰でも取り組めます。

もちろん、パソコンのキーターッチが早ければ、それだけ短時間で記事を仕上げる事が出来るので、そこそこのスピードで打てれば、さらに良いと言えます。

「スキマ時間OK」かつ「未経験OK」な副業はそれほど多くないと思うので、気になる方はぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。