【新型コロナ】家賃支援給付金の申請方法

家賃支援給付金 申請方法

“ぼく”

コロナの影響で収入が激減・・・家賃を払えるか不安だよ〜

“マニーハッくん”

新しく家賃の負担を軽減する制度ができたんだよ〜

“ぼく”

そうなの!?いつから申請できるのかな〜?申請方法も知りたいな〜!

新型コロナの影響で売上が減少した企業に対して、家賃負担の軽減を目的に、

法人最大600万円・個人最大300万円の家賃補助する新たな制度「家賃支援給付金」が発表されました!

今回は給付金の対象や条件、給付額、申請方法、必要書類までご紹介いたします。

家賃支援給付金:申請期間

申請受付が2020年7月14日から始まります。

申請期間は、2020年7月14日から2021年1月15日。

※Web(電子)申請の締め切りは、2021年1月15日24時まで

【家賃支援給付金】支給条件とは?

家賃支援給付金 条件

家賃支援給付金を申請するための3つの条件があります。

ひとつずつご紹介していきます。

(1)資本金10億円未満の法人・個人事業者であること

資本金10億円未満の中小企業・個人事業主・フリーランスの方が対象です。

また、医療法人や農業法人・NPO法人・社会福祉法人などの事業者も含まれます。

飲食店などの店舗はもちろん、オフィス賃料・農地の地代も対象になります。

(2)2020年5月~12月の事業収入が基準以上に減少したこと

今回事業収入の基準として、2つの基準があります。

どちらかに当てはまれば申請の対象になります。

  • 1ヵ月で前年同月比50%以上の売上減少
  • 連続する3ヵ月の合計で前年同期比30%以上の売上減少

(3)土地・建物の賃料を支払っていること

自身で営む事業のために使用し賃料を支払っていることが条件となります。

個人事業者・フリーランスの方が自宅を事務所として利用している場合、

事業に使用する部分に限り給付金の対象となります。

また、駐車場や資材置場として事業に使用している借地の賃料も給付金の対象になります。

借地上に建物が存在するか否かは問われません。

【持続化給付金】とは異なる給付金です!
持続化給付金とは異なる給付金のため、申請は別途行う必要があります。

【個人事業主・フリーランス】給付金額は?

家賃支援給付金 金額

個人事業主・フリーランスの場合、最大300万円を一括支給されます。

気になるのは金額の算出方法ですよね。下記で確認してみてください!

  • 支払家賃が37.5万円以下の場合:支給賃料×2/3
  • 支払家賃が37.5万円超の場合:25万円+[支払賃料の37.5万円の超過分×1/3]

※個人事業主で支払い賃料が37.5万円を超える場合は給付金の上限が月額50万円となります。

【Web入力・添付】申請方法・必要書類は?

家賃支援給付金 申請

原則として、オンラインのみで申請を受け付けになります。

申請ページは家賃支援給付金専用ページからご確認ください。

パソコンやスマホで専用ホームページから申請することになります。

申請には、基本情報、売上情報、添付書類の3つを入力・添付する必要があります。

(1)基本情報

  • 代表者情報
  • 住所や連絡先
  • 開業日
  • 資本金・従業員数
  • 振込先口座など

(2)売上情報

  • 売上が減少した期間
  • 売上が減少した月・期間の売上
  • 前年の同じ月・期間の売上

(3)添付書類

  • 2019年分の確定申告書別表一の控え(1枚)
  • 法人事業概況説明書に控え(両面)
  • 受信通知(1枚)
  • 申請にもちいる売上が減った月・期間の売上台帳など

Webでの申請が困難な方へ
Web(電子)申請をおこなうことが困難な方のために、補助員が入力サポートをおこなう「申請サポート会場」も用意されています。

家賃支援給付金申請についてのまとめ

今回は家賃支援給付金の条件や申請について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

申請受付が開始したばかりの制度のため焦らず確実に申請を行いましょう。

今回取り上げた条件や申請内容について、もっと詳しく知りたい方は経済産業省のホームページをご確認ください。

条件を満たしていれば受給できるため、コロナで売上減に苦しむ事業者は事業継続のために必ず受け取りたいですね!

家賃支援給付金以外でも支援が受けれるかもしれません。

支援一覧を紹介しているので、こちらも確認してみてくださいね!

【個人事業主・フリーランス】コロナ支援制度で貰えるお金!

【オンラインだと簡単】特別定額給付金の申請方法