【広告ビジネス】YouTubeは副業になるのか?収益の仕組みとシステムを解説!

YouTube 副業 収益システム

子供たちの「将来なりたい職業ランキング」でも上位に食い込むほどの人気を誇る、ユーチューバー。

大人気のユーチューバーはテレビ出演を果たしたり、CDデビューを果たしたり、活動の幅を広げつつあります。

 

そんなYoutubeは「副業にも向いている」ということは、徐々に知られつつあります。

ですが、実際どうやって稼いでいるのか、副業になるのか、などについては意外と知られていません。

今回は、そんな謎多きYoutubeの副業について初心者でもわかるように紹介していきます。

 

副業としての「YouTuber」?収益システムについて

YouTube 副業

Youtubeの副業と一言に言っても、実は様々な稼ぎ方があるんです。

まず、一番有名なのが広告収入です。

動画を再生すると最初に自動で再生されるCMや、動画のした部分に横長に表示される広告、サイドバーに表示される四角い広告など、こうした広告が表示されたりクリックされたりすることによって発生する収入です。

 

他に、視聴者が直接動画配信者にお金を寄付する「スーパーチャット」や、メンバーシップによるファンの支援金、企業とのタイアップ動画による収入や、ファンへのグッズ販売などの収入の稼ぎ方もあります。

自分のサイト・メルマガ、イベントなどを宣伝し、集客を狙うことで収入を得るという使い方もあります。

“ぼく”

注目を浴びているYouTubeの収益システムはこんな感じになっているんだね。

重要ポイントをまとめる
  • 動画に表示される広告による収入
  • ファンとの交流による収入
  • 企業との協力によって生まれる収入
  • 他の副業と関連づけることによって発生する収入

 

副業としての「YouTuber」での広告収入は?

YouTube 副業 広告収益

動画自体で得られる収入は、一般的に動画一回の再生回数で0.1円、と言われています。

微々たる金額に感じるかも知れませんが、これが10万回、100万回と再生されれば、金額もまた、1万、10万、と倍になっていきます。

一本の動画で10万再生、100万再生、と考えると気が遠くなるかも知れませんが、実際は複数の動画を投稿し、それらの総合再生回数が金額となるため、動画の数だけ再生数は増やしやすくなります。

例えば、1000回再生の動画が10本で1万回になるので、100本作れば10万回に到達するわけです。

MEMO

もちろん、ランキングが1000位に入っても15万円前後の世界なので容易い道ではありませんが、毎月5万の副収入なら現実味があります。

副業としての「YouTuber」のコスパって実際どう?

動画作り自体には、さほど機材コストはかかりません。

やろうと思えば、0円からでも動画を作ることができます。

最近ではiPhoneなどのスマホを使った動画作りも盛んで、編集ソフトも無料のものが多く普及しています。

注意

ただし、動画編集は慣れるまで時間がかかるほか、ある程度の専門知識も必要となります。

動画にもよりますが、テロップを入れたり、細かい効果を入れたりしていると、かなり時間がかかることもあります。

必ずしもバズる、再生回数が伸びるとは限らないので、安定した副業になるのか?というと、そうとは言えないというところでしょうか。

ここまでのポイントをまとめる
  • 無料で始められる
  • すぐに始められる
  • 軌道に乗ると継続的に稼げる
  • 不労所得も可能

 

【副業YouTube】収益システム自体はシンプルだった

いかがでしたでしょうか。

今回は「Youtubeの副業」をテーマに紹介させていただきました。

「動画って難しそう」「興味はあるけど機材とか高そう」と気後れしていた方にも、「案外簡単」「今日からでもできちゃいそう」と思っていただければ幸いです。

是非、挑戦してみてください。